icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_hatena_01 icon_line_01 icon_pocket_01 icon_arrow_01_r

outline

子どもじゃないけど大人でもない、特別な時期。森絵都が描く、中学校を舞台にした生徒1人1人のストーリー『クラスメイツ<前期><後期>』

小学校を卒業し、自立心が芽生えたり、思春期・反抗期に入ったりする中学校時代。もう子どもじゃない、という気持ちの一方、まだ大人には遠いとも感じる、複雑で特別な時期です。きょうご紹介する『クラスメイツ<前期><後期>』(森絵都 著)は、そうした中学生の心をうごきを、彼らの学校生活から描き出した作品です。クラスの24人、それぞれが主人公になり、24のストーリーが描かれます。

今日の1さつ

まだ1歳ですが絵本が好きなので、絵がきれいなものを探していて、気に入り購入しました。いろんな世界のいえがとてもステキで、大人になるまで大切にしたい一冊になりました。たくさん読んであげたいです。(読者の方より)

pickup

new!新しい記事を読む