icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_hatena_01 icon_line_01 icon_pocket_01 icon_arrow_01_r

今週のおすすめ

イッキ読み間違いなしの、一冊の本をめぐるファンタジー!「青の読み手」シリーズ

魔法、修行の旅、しゃべるネズミ、そして選ばれし者だけが読める本––––。このキーワードだけ聞いてもワクワクしてきませんか? 王道の本格ファンタジーが好きなすべての人におすすめしたい「青の読み手」シリーズ(小森香折 作/平澤朋子 絵)をご紹介します。

ある盗みの依頼から、物語が動き出す

 物語の舞台は、荘厳な王宮がそびえたち、諸外国がうらやむほどのきらびやかな文化をほこる、ラベンヌ王国。王都では、着飾った貴族たちがこの世のぜいをつくす一方で、路地に一歩足を踏み入れると、異臭が鼻をつき、庶民たちが貧困にあえぐ貧民街が広がります。

 物語の主人公は、この貧民街でくらす少年、ノア。ノアは街の道案内のほか、盗みなどの汚いしごともこなして、なんとか食いぶちをつないでいます。

 ある日ノアは、コクトーという男爵から「本を盗み出してほしい」という奇妙な依頼を受けます。その本があるのは、怪しい魔術をつかうという噂のある修道院。そこに忍び込み、僧たちの魔術に翻弄されながら辛くも盗み出した本は、選ばれし者〈青の読み手〉だけが読めるという魔術書〈サロモンの書〉でした!

 ノアは、みずからが〈青の読み手〉かもしれない、という運命を背負い、黒魔術をあやつり、王国をのっとろうと画策するコクトー男爵との戦いにいどみます……。

ノアがたどりついた、世界をゆるがす真実とは?

 男爵との戦いを終えたノアは、サロモンの書の教えに従い、修行の旅に出ます。道中、かつて魔女狩りがおこなわれていた町で、処刑された女たちの末裔、サンドラと出会い、彼女のもとで秘術の鍛錬に励む日々がはじまりました。

 一方、王国の北に位置する大国・ザスーンで皇帝一家が惨殺される事件が起こり、ノアたちは背後に、世界の破滅をもくろむ者の存在を感じとります……。修業と経験を積んだノアは、ここまでの道のりで知り合った仲間たちと、大いなる陰謀をくじくために立ち上がります。

 〈青の読み手〉とはいかなる存在か、そして世界の破滅をもくろむ黒幕はだれなのか。ノアがその真実にたどりついたとき、今まで見えていた世界がゆらぎます。

仲間の手助けで、立派な〈青の読み手〉へと成長していく

 このシリーズの魅力は、ワクワクする王道ファンタジーであることはもちろん、登場する仲間たちがみな個性豊かで、それぞれのやり方でノアを気づかい、手助けをする心優しい人々だということ。

 言葉をしゃべるネズミで、ノアの相棒のパルメザン。居丈高に見えて、じつは誠実な心を持つラベンヌ王女、セシル。切れ者で美男子の近衛騎士、アゴス。ノアの秘術の師となるサンドラ……。

 そして、なんといっても、裏稼業でつちかった抜け目のなさと、弱き者に心をよせる優しさをあわせもつノア。さまざまな過去を背負って敵対していた人たちをも、持ち前の洞察力と口八丁で仲間にして、どんどん頼りがいのある〈青の読み手〉に成長していきます。

 一章が短く、場面や視点が目まぐるしく変わっていくため、長い文章が苦手な子どもも、飽きずに読み進められるのが特徴です。

 最終巻の最後のページをとじたとき、ノアとともに長い旅を終えたような、安心感と心地のよい疲労感がしみわたることでしょう。

この記事に出てきた本

関連記事

バックナンバー

今日の1さつ

まだ字は読めないのですが、可愛らしい絵を見ているだけで楽しそうです。それぞれの動物の暮らしが丁寧に描かれており、細かい家具などのデザインにも動物マークが使われており、沢山の工夫が見られ大人が見ていてもあきません。子供のあだ名が「くーちゃん」なのでプレゼントしてくれたそうです。(2歳・お母さまより)

pickup

new!新しい記事を読む