icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_hatena_01 icon_line_01 icon_pocket_01 icon_arrow_01_r

放課後の読書クラブ

より良い文章を書くためには、読書が欠かせません。 今回は「読むこと」をテーマにして、小手鞠さんの読書体験、おすすめの本、教科書に出てくる本を小手鞠さんはどう読むか、などについて、あますところなく語っていただきます。みなさんからの質問も大歓迎です。 本を読んでみたいけど、どんな本を読んだらいいのか、わからないという人も、読書が大好きで、もっともっと読みたいと思っている人も、ようこそ『放課後の読書クラブ』へ──。

毎月10日、25日

プロフィール

  • 小手鞠るい

    小手鞠るい

    1956年岡山県生まれ。同志社大学卒業。小説家。詩とメルヘン賞、海燕新人文学賞、島清恋愛文学賞、ボローニャ国際児童図書賞などを受賞。2019年には『ある晴れた夏の朝』(偕成社)で、子どもの本研究会第3回作品賞、小学館児童出版文化賞を受賞。主な作品に『エンキョリレンアイ』『きみの声を聞かせて』『アップルソング』『思春期』『初恋まねき猫』『放課後の文章教室』『空から森が降ってくる』など多数。1992年に渡米、ニューヨーク州ウッドストック在住。

outline

もっと見る

今日の1さつ

特別支援学校の幼稚部で教員をしています。表紙のデザイン・ポップさに興味をもち、中身もいろいろな人たちが描かれていて、子どもたちにぜひ読んであげたいと思いました。世界にはいろいろな人がいる。みんなと手をとりあえる世界を!そんな気持ちになります。(40代)

pickup

new!新しい記事を読む