icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_hatena_01 icon_line_01 icon_pocket_01 icon_arrow_01_r

放課後の文章教室

写真:グレン・サリバン

十代だったころ、「書くこと」によって救われ、それが生きる力になったという小手鞠るいさん。そんな彼女が、若い読者からの「書くこと」についての質問に答えます。

連載は終了しました。現在一部のみ公開しています。2019年8月、書籍化されました。

プロフィール

  • 小手鞠るい

    小手鞠るい

    1956年岡山県生まれ。同志社大学卒業。小説家。詩とメルヘン賞、海燕新人文学賞、島清恋愛文学賞、ボローニャ国際児童図書賞などを受賞。2019年には『ある晴れた夏の朝』(偕成社)で、子どもの本研究会第3回作品賞、小学館児童出版文化賞を受賞。主な作品に『エンキョリレンアイ』『きみの声を聞かせて』『アップルソング』『思春期』『初恋まねき猫』『放課後の文章教室』『空から森が降ってくる』など多数。1992年に渡米、ニューヨーク州ウッドストック在住。

outline

もっと見る

今日の1さつ

第8巻と第2巻、不思議なトンネルみたいにつながってたんですねえ。あわてて、第2巻の某話を読み返して、筆者の遠謀深慮に舌を巻いた次第。あれこれ伏線、張ってあるんですねえ…(うっとり)。前々から謎だなあと思っているのが、紅子さんが商品の代金として収集している小銭のこと。法則性とか何か意味あんのかなあと。行き当たりばったりにしか見えないんだけどひょっとして……。(50代)

pickup

new!新しい記事を読む