icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_hatena_01 icon_line_01 icon_pocket_01 icon_arrow_01_r

時間色のリリィ

直木賞作家・朱川湊人による初の児童むけ作品。ロミは小学5年生。ある日、塾でいっしょの園内くんがたずねてきた。園内くんは塾でも評判のイケメンだ。でも、彼のおでこには、10円玉くらいの大きさの、白くて丸いシールがくっついていた……。

毎月1日、11日、21日

プロフィール

  • 朱川湊人

    朱川湊人

    1963年1月7日生まれ。大阪府出身。出版社勤務をへて著述業。2002年「フクロウ男」でオール読物推理小説新人賞、2003年「白い部屋で月の歌を」で日本ホラー小説大賞短編賞、2005年大阪の少年を主人公にした短編集「花まんま」で直木賞を受賞。おもな作品に、『スズメの事ム所 駆け出し探偵と下町の怪人たち』『アンドロメダの猫』『無限のビィ』『冥の水底』『なごり歌』『かたみ歌』『サクラ秘密基地』『オルゴォル』『銀河に口笛』『いっぺんさん』『都市伝説セピア』などがある。

outline

  • 20

    「なるほど、ソノちゃんのおいっ子さんと塾がいっしょなんだね。やっぱり世界はせまいねぇ」

     車を走らせながら、バァバはいった。迎えにきてくれたときより、声が小さくなっている気がする。

    「でも、使っている駅が同じなんだから、そんなに離れてるわけでもないのかしら。そのわりには、街でバッタリ会うようなこともなかったけど」

もっと見る

今日の1さつ

東京の上野動物園でたくさんの動物がころされて、とてもかわいそうでした。この本で命の大切さを感じることができました。それでも今はパンダのシャンシャンも生まれたので、上野動物園も明るい動物園になったと思います。(10歳)

pickup

new!新しい記事を読む