icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_hatena_01 icon_line_01 icon_pocket_01 icon_arrow_01_r

北の森の診療所だより

北海道で、野生動物の診療・保護・リハビリを行う診療所を開設する竹田津実さんの、写真を交えたエッセイ。さまざまな動物との出会いをつづります。

毎月20日更新

プロフィール

  • 竹田津 実

    竹田津 実

    1937年大分県生まれ。岐阜大学農学部獣医学科卒業。北海道東部の小清水町農業共済組合・家畜診療所に勤務、1972年より傷ついた野生動物の保護・治療・リハビリ作業を始める。1991年退職。1966年以来、キタキツネの生態調査を続け、多数の関連著作がある。2004年より上川郡東川町在住。獣医として、野生動物と関わり続けている。

outline

もっと見る

今日の1さつ

この本と出会ったのは、もう30代になった娘が幼稚園児の頃でした。その娘が母となり、孫は3歳。まだ早いと思いますが「2〜3年後に手に取ってくれたら」という思いと「また絶版になったらどうしよう」という不安から注文させていただきました。“美術館”をテーマにした絵本は、他にも幾つかありますが、この本は「すばらしい絵」とともに大人にも子どもにも大切なことを教えてくれる美術入門書だと思います。(3歳・おばあさまより)

pickup

new!新しい記事を読む