icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_hatena_01 icon_line_01 icon_pocket_01 icon_arrow_01_r

たまねぎとはちみつ

イラスト:くのまり

小学5年生の千春は、学校の帰りみち、ふとしたことから修理屋のおじさんと知り合う。
おじさんは千春にこんな言葉を教えてくれた。

「たまねぎとはちみつ」

内気な少女が、少しずつ成長していく物語。

連載は終了しました。現在第1話のみ公開しています。

プロフィール

  • 瀧羽麻子

    瀧羽麻子

    1981年兵庫県生まれ。京都大学経済学部卒業。『うさぎパン』で第2回ダ・ヴィンチ文学賞大賞受賞。著書に『左京区七夕通東入ル』『左京区恋月橋渡ル』『左京区桃栗坂上ル』(小学館)『松ノ内家の居候』(中央公論新社)『いろは匂へど』(幻冬舎)『ぱりぱり』(実業之日本社)『サンティアゴの東 渋谷の西』(講談社)『ハローサヨコ、きみの技術に敬服するよ』(集英社)など。

    写真撮影/浅野剛

outline

「たまねぎとはちみつ」が本になります!

Kaisei webに連載していた瀧羽麻子さんの「たまねぎとはちみつ」が、全面的な改訂を加えて、11月下旬に書籍になります! 現在、ウェブ連載は第1話だけ限定公開中です。書籍版のイラストは、人気の漫画家・イラストレーター、今日マチ子さんです。

今日の1さつ

本編を読んだ時に今ひとつ理解しきれなかったヒュウゴの目指すものが、本作を読みようやく腑に落ちました。社会階層や国家の枠組みを越え、この世でおこっていること、この世を動かしているものが何なのか、見てやろうという野心の源が初めて見えたような気がします。「守り人」シリーズで一番スケールが大きい人物だと思います。(44歳)

pickup

new!新しい記事を読む