icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_hatena_01 icon_line_01 icon_pocket_01 icon_arrow_01_r

放課後の文章教室

「放課後の文章教室」が本になります!

Kaisei webに連載していた小手鞠るいさんの「放課後の文章教室」が、2019年8月に書籍になります! 記事は現在、一部のみ限定公開中です。

テーマ別に5つの章に分かれており、たとえば、読者からのこんな質問や悩みに答えています。
・(ツイッターで)どうすれば、人の目に留まって、大勢の人に読んでもらえるような、魅力的な文章が書けるのか、教えてください。
・読書感想文には絶対、あらすじがあったほうがいいですか?
・メールを書くときに気をつけたほうがいいことって、ありますか?
・決められた枚数の中で、言いたことをすっきり書ける方法を教えてください。

『放課後の文章教室』
https://www.kaiseisha.co.jp/books/9784038082702

第一章 友情を書く
魅力的な文章の魅力とは? ★WEB公開中!
どんな服を着て、どこへ出かけますか?
迷い猫、さがしています
悪口は書かない
感謝と思いやりをこめて

第二章 気持ちを書く
ショートケーキと感想文
気持ちを頭で考えて書く
あらすじは秘密のドア
ハワイの空と太陽の色
論理的な文章は美しい

第三章 意見を書く
根を張って木を立たせる
理解していることばだけを使う
生きいきした言の葉を茂らせる
設計図と地図をたずさえて
書きながら考える

第四章 体験を書く
話しことばと書きことばの違い
小説の自由
小説とエッセイは紙一重
文章の声
ノンフィクションから学ぶ

第五章 自分を書く
あなたもきょうから詩人
詩を書くことは、自分を書くこと
翻訳家になるためには
英語の森で、日本語の風に吹かれて
あなたの文章はあなた自身

バックナンバー

profile

  • 小手鞠るい

    小手鞠るい

    1956年岡山県生まれ。1993年『おとぎ話』が海燕新人文学賞を受賞。さらに2005年『欲しいのは、あなただけ 』(新潮文庫)で島清恋愛文学賞、原作を手がけた絵本『ルウとリンデン 旅とおるすばん 』(講談社)でボローニャ国際児童図書賞(09年)受賞。1992年に渡米、ニューヨーク州ウッドストック在住。主な作品に、『エンキョリレンアイ』『望月青果店』『思春期』『アップルソング』『優しいライオン やなせたかし先生からの贈り物』『星ちりばめたる旗』『きみの声を聞かせて』など。

今日の1さつ

小学校で絵本読み聞かせをしています。「いじめ」の本当にあったお話、よみはじめるとシーンとなり、悲しそうな顔になります。作者の思いがそのまま大勢の子どもたちにひびきます。このほんを知って書店に注文しました。(60代)

pickup

new!新しい記事を読む