icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_hatena_01 icon_line_01 icon_pocket_01 icon_arrow_01_r

今週のおすすめ

2人の少女の手紙のやり取りを描く、坪田譲治文学賞受賞作『あららのはたけ』

仲良しの2人の少女、えりとエミ。えりは家族の都合でエミのいる横浜を離れ、山口に引っ越しました。手紙のやり取りを通して、自然あふれる山口での暮らしを共有しながら、2人は、不登校になっている幼なじみ・けんちゃんのことを案じるのですが……。
『あららのはたけ』(村中李衣 作/石川えりこ 絵)は、自然のふしぎ、いじめに向き合う子どもの心を、往復書簡あたたかく描いた作品です。
 
 

自分の畑をもらい、植物や虫たちと向き合うえりと、横浜にいるエミ

 
 
えり
横浜の小学校から、山口へ引っ越した女の子。
 
 
 
 
 
 
エミ
えりと同い年の幼なじみ。横浜の小学校に通っている。
 
 
 
 
 おばあちゃんが亡くなり、一人暮らしになったおじいちゃんのために、家族で横浜から山口へ引っ越したえり。おじいちゃんから畑をもらい、世話をすることになりました。
 
 草むしりをして、イチゴやハーブの苗を植え、木につく毛虫や木の実を狙う鳥たちとたたかい……。えりは、その様子を横浜にいるエミに、手紙で詳細に伝えます。
 
 
 それまでふれたことのなかった自然と向き合うことで、えりの心に新しい考え方が芽生えます。
 
 たとえば、畑にはびこるシロツメクサを、えりははじめ「根を広く張って、ふまれてもふまれても立ち上がる“雑草魂”」とうらめしく思っていました。でも、おじいちゃんが意外なことを教えてくれ、えりはその驚きをエミに伝えました。
ここからがびっくり。ほんとはね、そんなことないんだって。
「雑草はふまれるとな、いっぺんは起きあがるけど、もういっぺんふまれたら、しばらくはじいっと様子見をして、ここはどうもだめじゃと思うたら、それからじわあっと根をのばして、べつの場所に生えかわるんじゃ」
 ねえ、すごくない? ふまれたりきずつけられたりしたら、おんなじ場所でがんばらなくてもいいんだって。
 しばらく様子見をして、場所をかえて生きてもいいんだって。
 わたしね、いままで畑どころか草のこともなんにも知らなかったんだな。あたりまえに思ってたこと、ぜんぜんあたりまえなんかじゃなかったのかも。
 
 だからね、けんちゃんのことだって、ほんとはもっとちゃんと、伝えてあげられることがあったんじゃないかなって、いまになって思うんだ。
 
 エミ、会いたいよ。
 

それぞれの暮らしのこと、親友「けんちゃん」のこと

 手紙の中に登場するのは、2人の幼なじみ、けんちゃん。仲良く育ってきた3人ですが、学校でのいじめによって、けんちゃんは部屋にこもってしまっているのです。
 
 えりが出会う自然のふしぎ、そこで感じたことを書き送るうち、横浜にいるエミも、いろいろなことを感じるようになります。
 そして、遠くにいてもエミと同じくけんちゃんのことを思う、えりの気持ちも乗せて、勇気を出してけんちゃんの家に行ってみることに! さて、えりとエミの気持ちは、けんちゃんに届くのでしょうか。
 
 
 それぞれの家族や友達の人間味が、2人の視点からみえてくる面白さ、互いの思いに耳を傾け、ともに共感しあって友達のことを一心に考えるあたたかさ。2020年、第35回坪田譲治文学賞(※)も受賞した今作をぜひお手にとって、その魅力にふれてみてください。
 
畑の作物も、虫も、生きてるものたちはみんな自分のペースで生きていて、人間から見たらあららと思うようなことも、あたりまえにやりこなしてる。それを知ると、自分と他の人をくらべて悩まなくてもいいやって思えてくるから不思議。
(作者 村中李衣さんより)
 

(※)岡山市出身の児童文学作家・坪田譲治の業績を称えて設立された賞。「大人と子どもが共有できる世界を描いたすぐれた作品」に贈られます。

この記事に出てきた本

関連記事

バックナンバー

今日の1さつ

息子の2歳の誕生日にプレゼントしました。息子はパンが大好きなので、見開きいっぱいに描かれたたくさんのパンを楽しそうに眺めています。そして「これにする〜!」と言っては、パンをつまんで口へ運び食べるマネをして「おいし〜」と嬉しそうに言います。私の好きな本を息子と一緒に読むことができて本当にうれしく思います。(2歳・お母さまより)

pickup

new!新しい記事を読む