icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_hatena_01 icon_line_01 icon_pocket_01 icon_arrow_01_r

今週のおすすめ

今晩はぎょうざで決まり! 家族団らんの楽しさがつまった絵本『ぎょうざのひ』

包丁をにぎるのはまだこわいけど、ぎょうざを包むのはお手のもの!というお子さんは多いのではないでしょうか。今回ご紹介する『ぎょうざのひ』(かとうまふみ 作・絵)は、みんなでぎょうざを作る、家族の一大イベントを描いたお話です。

ぎょうざをどっさりつくって食べる、今日は楽しい「ぎょうざのひ」!

 学校からの帰り道、友達との話もそっちのけで、ワクワクがおさえられない女の子。だって今日は、待ちに待った「ぎょうざのひ」! ぎょうざのひには家族みんなで、ぎょうざをどっさりとつくって食べるのです。

 そそくさと家に帰った女の子は、弟妹たちといっしょになかよく、餃子のたねをこねます。そのあとはお待ちかね、本日のメインイベント! できあがったたねを、皮で包んでいく作業です。

 「せかいいち かっこいい ぎょうざを つくるぞ!」とみんなで競い合って、いろいろ楽しいかたちのぎょうざができあがりました。

 ぎょうざを焼くのは、お母さんの係。「カリッと やいてね。はやく やいてね」と子どもたちが口々に言う中、できたのは……。きれいに焦げ目がついた、なんともおいしそうなぎょうざ! 「いただきまーす!」と、子どもたちは我先にとぎょうざに手を伸ばします。

楽しい食卓の記憶がつまった絵本

 本作は、作者のかとうまふみさんがはじめて手がけた絵本。かとうさんはあとがきでこのように書いています。

こどもの頃いちばん楽しかった日を、思い出してかきました。

どんな家庭にも、いろんな日があります。いい日ばかりじゃありません。
でも〝みんなでごはんを作って、笑って食べた日〟の記憶は、
大きくなってからの辛い時を、どこかで必ず支えてくれます。
母になり、そう実感するようになりました。

こどもたちの楽しい食卓の記憶が、もっともっと、ふえていきますように。

 みんなでつくって、みんなで笑いながら食べる楽しさがいっぱいつまった絵本です。

この記事に出てきた本

関連記事

バックナンバー

今日の1さつ

まだ字は読めないのですが、可愛らしい絵を見ているだけで楽しそうです。それぞれの動物の暮らしが丁寧に描かれており、細かい家具などのデザインにも動物マークが使われており、沢山の工夫が見られ大人が見ていてもあきません。子供のあだ名が「くーちゃん」なのでプレゼントしてくれたそうです。(2歳・お母さまより)

pickup

new!新しい記事を読む