icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_hatena_01 icon_line_01 icon_pocket_01 icon_arrow_01_r

今週のおすすめ

暑い夏の日、木陰にあつまるどうぶつたち。みんな入れるかな?『ちょっといれて』

太陽が照りつける日に外を歩いていると、ちょっとした木陰がまるで天国のように思えるときがありますね。『ちょっといれて』(さとうわきこ 作・絵)は、暑い夏の日に、いい具合の木陰を見つけたおばあさんと、どうぶつたちのゆかいなお話です。

「ちょっといれて」に「いいよ いいよ」と答えつづけていたら……

 主人公は、なんでも「いいよ いいよ」と言ってしまう、いいよおばあちゃん。ある暑い夏の日、ちょうどいい木陰を見つけたいいよおばあちゃんは、そこで本を読むことにしました。すると……

 「ねえ おばあちゃん、ちょっと いれて」とやってきたのは、暑くてヘトヘトのうさぎです。「ああ、いいよ いいよ」といいよおばあちゃん。

 そのあとも、その木陰で休もうと、ねこ、犬、へび、きつね、くまがやってきます。あんなに快適だった木陰は、いまや超満員! 涼むどころか、みんなが身を寄せ合ってなんだか暑そうです。そんな中、「よーいしょ!いれてもらうよ」と、ぞうまでやってきて……。さて、いいよおばあちゃんはどうするでしょう。

さとうわきこさんならではのユーモラスな絵本

 作者のさとうわきこさんは「ばばばあちゃん」シリーズ(福音館書店)などで知られる絵本作家。2024年4月には、最後の作品となった絵本『みちくさ』が刊行されました。その生き生きとしたユーモラスなお話と、味わい深い絵が本作でも楽しめます。

 さて、ぞうが木陰に入ってきたあと、いいよおばあちゃんはあることをするのですが……。ちょっと意外で、クスッと笑ってしまうオチは、どうぞ絵本でお楽しみください。

この記事に出てきた本

バックナンバー

今日の1さつ

何度も「読んで」と持ってきます。内容もよくてこれから幼稚園に通いはじめる息子にピッタリでした。1人ぼっちはさびしいこと、困っているお友だちがいたら助けること、みんな仲良しでいることが楽しく幸せなこと、いろいろ話しながら読んでいけたらいいなと思います。(3歳・お母さまより)

pickup

new!新しい記事を読む