icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_hatena_01 icon_line_01 icon_pocket_01 icon_arrow_01_r

今週のおすすめ

言葉を話す〈学校ネズミ〉が語るのは、小学校で起きたふしぎな話の数々。岡田淳さん作『放課後の時間割』

とある小学校で図工教師をする「ぼく」が出会った、服を着て人間の言葉を話す〈学校ネズミ〉。学校ネズミは、語り継がれてきた数々のふしぎな話をのこすため、毎週「ぼく」のところへやってきて、ひとつずつ話を聞かせてくれる––––。

2019年で作家デビュー40周年を迎える岡田淳さん。そのファンタジーワールドの原点のひとつ、1980年初版の『放課後の時間割』をご紹介します。

「毎週月曜日、場所はここ。こいつは、あんたとわたしの放課後の時間割ってやつだ。」

 「ぼく」は、とある小学校で図工教師をしています。ある日「ぼく」は、ふしぎなネズミに出会います。なんとそれは、服を着て、人間の言葉を話すネズミでした! 驚きをかくせない「ぼく」に、ネズミはこう言います。
「ごぞんじなかろうと思うが、わたしは、学校ネズミなんだ。」
と、ネズミは、まずいった。
「学校ネズミ?」
「そう。野にすむのがノネズミで、どぶにすむのがドブネズミ。とすれば、学校にすむのは学校ネズミ、じゃないかね。」
 学校ネズミたちは生まれてすぐ、1年生の教室で1年生の勉強をはじめ、6年間勉強して卒業したら、おのおの居場所を決め、音楽室に住む「音楽室ネズミ」になったり、1年生の教室に戻って住む「1年生ネズミ」になったりするのだといいます。彼らはお話を語ることが大好きで、いつも話を披露する会を開き、年とったネズミは、若いネズミたちに最高のお話を語り継いでいくのだそう。

©️岡田淳


 でも、「ぼく」が出会ったこの学校のネズミは、不幸な事故があってから仲間たちがいなくなってゆき、1匹だけの学校ネズミになってしまったのでした。
 
 そんな彼は、仲間の〈学校ネズミ〉たちのお話を、誰かに語り継ぎたいと思い、「ぼく」に聞いてほしい、と持ちかけます。言葉を話すネズミが現れただけでも驚きなのに、なんとふしぎな話でしょう。混乱しながらも、「ぼく」はうなずき、提案を受け入れました。

「よし、これできまった。(中略)毎週月曜日、場所はここ。あんたの仕事がおわったころにやってくるよ。そうだ、こいつは、ってやつだ。」

 こうして「ぼく」と学校ネズミは、このふしぎな約束をしたのです。

学校ネズミが語る14のお話

 それからというもの、学校ネズミは毎週月曜日に約束通り現れて、「ぼく」にさまざまなお話を聞かせてくれます。
 
 1年1組のサッちゃんは、ある日の授業中、とつぜんしゃっくりがとまらなくなってしまいます。それを笑っていた隣の席のユキオくんにもしゃっくりは伝染し、2人を注意した担任の先生にも、クラスの全員にも、しゃっくりがうつってしまいます。やがて、様子がおかしいと見にきた隣のクラスの先生にうつり、そこから隣のクラスの生徒にもうつり、しゃっくりの伝染はどこまでも広がり……!?(しゃっくり ––––1年生ネズミの話)
 
 朝を迎えるたび、図工室がきれいになっていくのがふしぎでならない図工の先生。図工室でうとうとしてしまった日、ピチャピチャ、ピチャ…という音に目がさめ、机をなめているネコを発見します。それは「色ネコ」。白い絵の具が飛び散った机をなめて真っ白に、えんぴつけずりのすすをなめて真っ黒に、と、体の色を変えながら、あちこちの色をなめてきれいにしていたのです。先生はよごれた物を置いておき、なめてきれいにしてもらって喜んでいたのですが、やがて困ったことになり……。(図工室の色ネコ ––––図工室ネズミの話)
 

 それぞれの話を学校ネズミは、自分が語り継がれたとおり、いろんな口調で話してくれます。小さな子に聞かせるような調子のこともあれば、物語の文章のように淡々と語ることもあります。読んでいると「ぼく」と同じように、読者も学校ネズミに話してもらっているような気持ちになります。

 学校ネズミと「ぼく」の日々のやり取りもはさみながら、学校ネズミが語る、14のお話が入っています。

本当にあったのかも? わくわくさせてくれる、岡田淳ワールドの原点

 岡田淳さんは『放課後の時間割』のほかにも、小学校を舞台としたファンタジーを多数手がけています。岡田さん自身が図工教師をつとめていたこともあり、この本には、もしかして本当にあった話なのかも、と思わせてくれる魅力があります。
 現実と少しはなれたふしぎなお話なのに、そう思ってしまうのは、岡田さんの文章の力でしょうか、それとも〈学校ネズミ〉の語りの力でしょうか?
 
 作家デビュー2作目であり、岡田淳ワールドの原点のひとつとなっているこの本。ぜひ手にとって、その魅力にふれてみてくださいね。

この記事に出てきた本

関連記事

バックナンバー

今日の1さつ

姪の子供から借りて読み始めたらおもしろくって、もうすぐ70歳の私もすっかりはまってしまいました。我が孫たちに読ませようとさっそく全巻購入しました。春に他県から越してくる孫たちと共通の話題で盛り上がりそうです。ババ仲間にも口コミしています。ちなみに紅子さんは渡辺直美さんをイメージしてしまいます。(読者の方より)

pickup

new!新しい記事を読む