icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_hatena_01 icon_line_01 icon_pocket_01 icon_arrow_01_r

今週のおすすめ

【小学校英語の導入に】探し絵ができるほか、英語らしく発音できる読みがなもついた、アルファベット図鑑

2020年からはじまる小学校英語の必修化。英語の重要性が高まる昨今ですが、英語が第二言語という国もある一方、単一言語国の日本では英語を日常的に耳にする機会はあまりなく、「英語」ときくと苦手意識が先立ってしまうも多いはず。
 
今回ご紹介する『さがして!みつけて!ABC ゆかいなアルファベットだいずかん(アラン・サンダース 作、高津由紀子 訳、外山節子 監修)は、探し絵を楽しむうちにABCに親しめる1冊。まずは基本のABCを、遊びながら学んでみましょう!
 

AからZまでの各ページにまたAからZ!?

 この本の最大の特徴はAからZにわかれたそれぞれのページのなかに、AからZではじまる言葉が隠れていること! ページをめくるごとに、テーマに沿ったAからZではじまる言葉をみつけて遊ぶことができます。
 
 たとえばBのページのテーマはBではじまる「Birds(鳥)」。このページにはAlbatross(アホウドリ)、Bluebird(ルリツグミ)、Cockatoo(オウム)のように、AからZではじまる「鳥の名前」が隠れています。ひとつひとつの意味を覚えなくても大丈夫!(けっこうマニアックな単語も並んでいるので…)。まずはAからZの順に、アルファベットに親しむことが大切です。
 

 ほかのアルファベットのテーマをみていくと、Dは子どもたちの大好きなDinosaurs(恐竜)。カタカナで覚える恐竜の名前は、一番親しみやすいかもしれません。FはForest(森)。森でみつけられる動物や食物などの言葉が登場します。

 単語は全部で676個以上。全部みつけられるでしょうか?

英語らしく聞こえちゃう読みがなつき!

 英語を学ぶ上での悩みはさまざまあると思いますが、その一つが「発音」が難しいということです。ルールを学んでも、発音の細かいニュアンスをつかむことが意外と、ネイティブの方に言葉が通じないこともあります。
 
 そこで、この本では多くの英語教材を手がけてきた監修者による特別な「読みがな」をふっています。それも「英語らしくきこえちゃう」読みがななのです! 
 

 たとえば
 
Ocean(海)だったら、ウシュン。
Bicycle(自転車)だったら、イスィコウ。
Triceratops(トリケラトプス)だったら、チュらィらトプス。
 
 一番強くいう部分が太字、他と比べて小さくいう部分は小文字になっています。本当の発音を知らないと、いまいちピンとこないかもしれないので、Google翻訳の力を借りて、英語の音声と比べてみましょう!
 
 
 音声とこの独自の読みがなをくらべると、かなり近いことがわかると思います。日本語では外来語をカタカナ語にしているので、Oceanはオーシャン、Bicycleはバイシクル、Triceratopsはトリケラトプス、と発音しがちですが、実はこのカタカナ語にとらわれてしまうことも、うまく発音できない原因の一つなのです。
 
 発音や読み方のルールはさておき、まずは声に出して読んでみることも大切です。カタカナ語のことは忘れて、ぜひこの独自の読みがなで、英語本来の発音を目指しましょう!
 

英語ぬきでも楽しめる、探し絵あそび

 イラストと英語が所せましと並んでいるの本ですが、英語をぬきにした探し絵を楽しむこともできます。実はそれぞれのページにはネズミのイラストと、パンツのイラストが隠れているのです。

 特にパンツは難しく、意外な人がはいていることもありますよ。自分で「●●はどこ?」など問題をつくって、友だちに出してみるのも楽しいですね。
 
 最後のページにもおまけの探し絵問題がついています。親子や家族、友だちなどみんなで何度も開いて楽しんでくださいね。

この記事に出てきた本

バックナンバー

今日の1さつ

図書館で出会い、働く車大好きな息子のために何回もかりました。本を返却するととても淋しそうな顔をするので今回購入しました。内容を暗記して1人で読んでいます。(2歳・お母さまより)

pickup

new!新しい記事を読む