icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_hatena_01 icon_line_01 icon_pocket_01 icon_arrow_01_r

今週のおすすめ

大どろぼう級のむずかしい問題がずらり!『大どろぼうホッツェンプロッツ おたからゲームブック』

世紀の大どろぼうと、おばあさんのコーヒーひきを盗まれた少年たちの騒動を描き、世界中で50年以上愛されている児童書「大どろぼうホッツェンプロッツ」。シリーズ3巻が刊行されていますが、そのお話をもとにした「ゲームブック」があることをご存知でしょうか。

迷路やぬり絵、まちがい探しなどが、約100個楽しめる!

 その名も『大どろぼうホッツェンプロッツ おたからゲームブック』(オトフリート・プロイスラー 原作/F. J. トリップ 絵/マティアス・ヴェーバー 構成・絵/若松宣子 訳)。迷路やぬり絵、まちがい探しなど、「大どろぼう級の問題」が、ずらりとそろっています。

 もちろん、「大どろぼうホッツェンプロッツ」シリーズの3巻を知らなくても楽しめますが、読んでいれば、より理解が深まります。

 さて、少し中身をのぞいてみましょう。

 たとえばこちらのページ。左の「森のおくで」は、ホッツェンプロッツにおばあさんのコーヒーひきを盗まれたカスパールと、その友人ゼッペルが、森の奥深くにある大どろぼうのねじろを探す道のりが、迷路として再現されています。

 右の「短刀をかぞえよう!」は、ホッツェンプロッツの召使いにされてしまったゼッペルが、短刀をとぐのを手伝わされているシーンが、クイズになっています。

 左の「どろぼうのきほん」は、ホッツェンプロッツが実際に作中でとった行動ばかり。本を読んでいれば、スラスラと解けるかも? 

 右の「じゃがいもの皮むき」は、悪党の大魔法使い、ツワッケルマンが、唯一魔法をつかえない苦手な作業「じゃがいもの皮むき」を自分の手でやっている、1巻目にでてくる印象的な一幕です。

 本はソフトカバーで開きやすく、直接こたえを書き込めるように、ザラザラとした紙を使用。120ページ以上にわたる大ボリュームのページは、すべてフルカラーで、F. J. トリップのゆかいな絵を存分に味わえます(※本書は、トリップのイラストに彩色したり、ヴェーバーがアレンジを加えたりして編集されたものです)。

 対象年齢は4歳からですが、「大どろぼう」でないと解けない、ちょっとむずかしいクイズもあるかもしれません。わからない問題があったら、お友だちやおうちの人と協力して、チャレンジしてみましょう!

この記事に出てきた本

関連記事

バックナンバー

今日の1さつ

何度も「読んで」と持ってきます。内容もよくてこれから幼稚園に通いはじめる息子にピッタリでした。1人ぼっちはさびしいこと、困っているお友だちがいたら助けること、みんな仲良しでいることが楽しく幸せなこと、いろいろ話しながら読んでいけたらいいなと思います。(3歳・お母さまより)

pickup

new!新しい記事を読む