icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_hatena_01 icon_line_01 icon_pocket_01 icon_arrow_01_r

今週のおすすめ

クリスマスのあと、サンタさんの「オフ」の過ごし方は? フィンランド発の絵本『サンタクロースの冬やすみ』

みんなが大好きな、うれしい楽しいクリスマス。12月24日は、サンタクロースが一番忙しい日ですね。では、そのあとはサンタさんはどのように過ごしているのでしょう? 『サンタクロースの冬やすみ』(いながきみはる 訳)は、フィンランドで長く愛されるマウリ・クンナスによる絵本。ロングセラー『サンタクロースと小人たち』に登場する小人たちとサンタさんの13日間の冬休みを、日ごとに追いかけます。


サンタクロースと小人たちの冬休みを、1日ずつ紹介!

 12月24日のクリスマスイブの日、世界じゅうの子どもたちにプレゼントを届けた、サンタクロースと小人たち。仕事を終えて帰るのは、フィンランドのコルバトントリという山のふもとにある、ひみつのサンタ村です。
 ゆっくり体を休めたら……いよいよ、サンタ村の冬休みのはじまりです!
 
 クリスマス当日の朝、サンタクロースと小人たちは、みんなでホールに集まります。この日は小人たちも、サンタクロースから小さなプレゼントをもらえます。


 そのあとは、みんなそれぞれ自分の部屋にもどり、のんびりと時を過ごします。マッテウスは屋根裏でまんがを読み、一番年寄りのタータは、子どもたちに昔ばなしをします。仕事が趣味のアルトリは、することがなくて落ち着かないみたい! 本が大好きなサンタクロースは、居眠りしながら読書をします。

  翌日からも、楽しみはいっぱい!
 
 12月26日:馬のそりにのる日
 年寄りの馬、リストのそりに乗ってお出かけ。夜はダンスパーティが開かれます!
 
 12月27日:劇をみる日
 プレゼントを配り終えてからっぽになった、サンタ村の巨大なおもちゃ倉庫で、サンタ劇団が劇を披露します。もちろん、主役はサンタクロース!
 
 12月28日:いたずらの日
 どんなにふざけたことをしてもしかられない、子どもたちにとって最高の日です。大人たちにいたずらをしかけたり、遊んでもらったり。
 

ゲームはたいてい、サンタクロースの負け。でも、その理由を知っているのは、奥さんだけです。「サンタは、子どもたちにかたせたいのよ」ですって!

 
 こんなふうに、冬休み最終日の1月6日まで、サンタ村の冬休みを追いかけます。毎日楽しいことがいっぱいで、ンタ村に行ってみたくなります。
 

年明けの1月3日は、町へいく日! サンタクロースと小人たちは、みんなサングラスをかけて変装しますが……町の人々は年に一度のこの日を知っているので、サンタさんたちを見てもあわてないみたいです。

ロングセラー『サンタクロースと小人たち』とあわせて。絵を眺めるのも楽しい、マウリ・クンナスの絵本

 この本を手がけたマウリ・クンナスは、フィンランド生まれの絵本作家。代表作の絵本『サンタクロースと小人たち』(原書:1981年初版)は、26の言語に訳され、世界中の子どもたちに愛されています


 今回ご紹介した『サンタクロースの冬やすみ』は、その『サンタクロースと小人たち』の久しぶりの続編。クンナスの絵本の特徴のひとつである、細かく描きこまれた絵は、前作と変わらず、わたしたちを楽しませてくれます。絵をよく眺めてみると、新たな発見があるかもしれません。
 
 サンタクロースと小人たちの、「オフ」の様子がじっくり見られる一冊。今年のクリスマスや冬休みに、ぜひお手にとってみてくださいね。

 

この記事に出てきた本

バックナンバー

今日の1さつ

「こんにちは」のあいさつも自然と覚え、赤・緑・青の子どもたちの目に入りやすい色を使っているのもとてもよかったので一目ぼれで購入しました。雪の降る頃子どもたちと一緒に読みます(保育士より)

pickup

new!新しい記事を読む