icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_hatena_01 icon_line_01 icon_pocket_01 icon_arrow_01_r

本のイベント

立川「PLAY! MUSEUM」の常設展「エリック・カール 遊ぶための本」にいってきました!

2020年、東京・立川駅北口にオープンしたエリア「GREEN SPRINGS」に、美術館と親子の遊び場を中心とする複合施設「PLAY!」が誕生しました。美術館部分である「PLAY! MUSEUM」では、2021年3月28日(日)まで、常設展として「エリック・カール 遊ぶための本」が開催されています。
感染症防止などで開催が延期されていましたが、この度スタートしたとのことで、さっそくいってきました!

絵本をおもちゃに見立てた、新しい展示

 この展覧会では、カールさんの絵本をおもちゃのように見立てて、「くぐる」「きく」「うごかす」など、絵本を10の遊び方に分けて紹介しています。

 会場の壁には、カールさんの代表作『はらぺこあおむし』のように、穴がたくさんあいています。 高いところにトンネルのような穴があったり、足元に小さな穴があいていたり……。立体的なつくりで、見る人を飽きさせません。

左下の穴は、何人もの小さな子がくぐって遊んでいましたよ!

 

 穴をくぐって進むと、テーマごとに展示された貴重な原画があらわれます。

 カールさんの生い立ちを紹介するコーナーでは、絵を描き始めた幼少期の思い出や、グラフィックデザイナーとして働いていたときのことなど、絵本作家になるまでの道のりが、通路の壁に沿って紹介されています。

新しい視点で絵本を楽しもう!

 この展覧会は、2021年3月28日(日)までの間、常設展として開催されています。2020年11月2日(月)からの後期では、展示作品が入れ替えられるそう! どんな展示になるか楽しみですね。

 また、企画展も同時に開催。オープン記念の現在は、クリエイティブ・ユニット「tupera tupera」による、「tupera tuperaのかおてん.」が、2020年12月29日(火)まで開催中です。2つの展覧会場はつながっていて、1つのチケットで両方を見ることができるので、ぜひ一緒に楽しんでくださいね。

会場内、基本的にすべて撮影可能なのも、うれしいポイントです!(お出かけの際は、念のため現地でご確認くださいね)

 

 なお、2020年6月現在は、さまざまな感染症防止対策が行われています。お出かけの前にこちらをチェックしてみてください!

この記事に出てきた本

バックナンバー

今日の1さつ

何気ない当たり前の小さな世界が文字通り波紋となって宇宙の景色とリンクしていく様に心がギュッと熱くなりました。夏の夜に耳をすませながらページをめくりたくなるそんな一冊です。(24歳)

pickup

new!新しい記事を読む