icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_hatena_01 icon_line_01 icon_pocket_01 icon_arrow_01_r

今週のおすすめ

あなたはどの猫が好き? 猫が主役の絵本3冊

突然ですが、あなたは犬派? それとも猫派ですか? 今回は猫が主役の絵本を3冊ご紹介します。猫派にはたまらない、猫の愛らしい仕草や表情はもちろん、猫との幸せな暮らしを想像しながら堪能できる3冊です。

さまざまな猫のすがたを詩文で描く『ねこねここねこ』

 1冊目は『ねこねここねこ』(ブルノー・ホルスト・ブル 文/ヤーヌシ・グラビアンスキー 絵/まえかわ やすお 訳)。お母さんに体をなめてもらっている子猫や、鏡をのぞきこんで不思議そうにしている猫、ちょうちょを追いかけている猫など、さまざまな猫が1ページずつ登場。やさしい詩文とともにのびやかな猫のすがたを描きます。

《きれい きれい》

おかあさんねこが いいました。「ねこは いつも、きれいに していなくちゃ いけないのよ。」
こねこがいいました。
「もう いいよ、もう いいったらあ。あそびに いきたいんだよお。」でも いい きもち。

《ちょうちょう》

まってくれ まってくれ、
いじめたりしないよ。
おしえて ほしいんだ。
どうやったら そらを とべるか、
ね きみ!

 登場するのは、なんと40匹以上! ぜひお気に入りの猫を見つけてみてください。

突然やってきた子猫と、なかよくできるかな? 『ねこのジンジャー』

 2冊目にご紹介するのは『ねこのジンジャー』(シャーロット・ヴォーク 作/小島希里 訳)。猫のジンジャーが好きなのは、おいしいごはんに、やさしい抱っこ。お気に入りのかごの中で、今日もすやすやと眠ります。そんなある日、ジンジャーの家に子猫がやってきました。

 ジンジャーのあとをついて回ったり、飛びついてきたり、はてはジンジャーのえさを勝手に食べてしまったり。平穏で幸せだったジンジャーの生活が、子猫によってめちゃくちゃに! たまりかねたジンジャーは、とうとう……。

 さて、ジンジャーと子猫は、なかよく暮らすことができるのでしょうか。

子猫にうんざりしたジンジャーが、庭先でうずくまっているシーン。この険しい表情と、香箱座りの前足がたまりません!

美しい四季のうつろいを描いた絵本『ハーニャの庭で』

 最後にご紹介するのは『ハーニャの庭で』(どいかや 作)。猫のハーニャが暮らすのは、山のとちゅうにある小さなお家。その家の小さな庭を舞台に、ハーニャと人間の家族、そしてそこにすんでいたり、そこを通りすぎていったりするさまざまな生きものたちの1年を描きます。

 2月。椿の花が咲いたり、渡り鳥がやってきたり。どこからか、迷い猫もやってきました。

 3月。今年もツバメがやってきました。よーく探すと、イノシシの親子も山を下りてきたようです。迷い猫とハーニャは、なかよくなったみたいですね。

 季節とともにうつろう自然の美しさを存分に描いた絵本です。

 以上、猫の絵本3冊をご紹介しました。ほかにも猫が出てくる本はたくさんありますので、ぜひお好みの猫を見つけてみてくださいね。

この記事に出てきた本

バックナンバー

今日の1さつ

本を閉じればコンパクトに片付けられて、本を開くと立体的に細かい家具や食べ物など、子どもが楽しく遊べるし、見た目もかわいくて気に入っています。自宅で遊んだり、帰省する時に持って行けば、玩具がない実家でも遊ぶことができるのでこのコンパクトさに助かっています。(6歳・お母さまより)

pickup

new!新しい記事を読む