icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_hatena_01 icon_line_01 icon_pocket_01 icon_arrow_01_r

今週のおすすめ

『からすのパンやさん』の続編第1作! あま〜いおかしがいっぱいの『からすのおかしやさん』

1973年の発売以来、たくさんの子どもたちに親しまれてきた、かこさとしさんの名作絵本『からすのパンやさん』。刊行から40年後にあたる2013年に誕生したのが、からす一家のその後を描いた続編4点です。今回はそのうちの第1作、『からすのおかしやさん』をご紹介します。

からす一家の4羽の子どもたちが大きくなった!

 『からすのパンやさん』は、いずみがもりでパン屋を営むからす一家が、協力しあっておいしいパンをたくさん焼き、お店を繁盛させるお話です。このお話の中で重要な役割を果たしたのが、4羽の子どもたち、チョコちゃん、リンゴちゃん、レモンちゃん、オモチちゃんでした。はじめは赤ちゃんだった4羽ですが、やがてお父さんお母さんを手伝って活躍します(くわしくは、こちらの記事をご覧ください!)。
 
 4羽のからすの子どもたちは、さらに大きくなって、チョコくんとオモチくんは立派なからすのわかものに、リンゴさんとレモンさんは、きれいなからすのむすめになります。『からすのおかしやさん』からはじまる4冊の「つづきのおはなし」は、4羽がそうして成長した様子をえがくお話です。


チョコくんが活躍、ケーキ屋さんをひらく!

 パン屋の仕事を手伝いながら大きくなった、4羽の子どもたち。ある日お父さんとお母さんが、数日家をあけることになりました。「がってん しょうちのすけ!」チョコくんは「るすばんのばんちょう」として、リンゴさん、レモンさん、オモチくんと一緒に、店を切り盛りします。
 
 さらにばんちょうのチョコくんは、ひとりで何やら作業をはじめました。生地をこねて、形を作って、焼けたのは……こんがりとおいしそうなクッキー! ところが味見するまもなく、しいのきばやしのミミちゃんがやってきました。

 おかし作りがすきなミミちゃんは、チョコくんのクッキーを食べて、「あじが いまひとつね。ちょっと ミルクか おさとう、いれたら いいんじゃない。」とアドバイス。翌日チョコくんは、ミミちゃん先生の指導で、さらにすてきなこんがりクッキーを焼き上げました。


 お店にクッキーも並べてみると、評判はすぐにいずみがもりのみんなに伝わり、お店は大いそがし! それをみたチョコくんとミミちゃんは、さらにケーキも焼きました。ふわふわケーキにふっくらケーキ、イチゴやリンゴやパイナップルのケーキなど、種類もたくさんあります。
 
 お店はますます大にぎわいになり、家にかえってきたからすのお父さんとお母さんはびっくり。「ひとつ ふんぱつしなけりゃー」と、パン屋さんのとなりに、ケーキ屋さんのお店をつくってくれたのでした!
 
 そして、ケーキ屋さんとなったチョコくんに、さらなるお願いごとが舞い込んで……? 最後は子どもたちが大人になったことがしみじみ感じられる、しあわせな展開がまっています。
 

おいしそうなおかしにも注目。

 『からすのパンやさん』で圧倒的な人気を誇る、ユニークなパンがページいっぱいに並ぶシーンのように、本作でもたくさんのおかしが登場します。お話だけでなく、色に形にトッピングにと、目を楽しませてくれるおかしにも注目です。


 この本のほかにも、『からすのパンやさん』のつづきのおはなしには、リンゴちゃんが主人公の『からすのやおやさん』、レモンちゃんが主人公の『からすのてんぷらやさん』、オモチちゃんが主人公の『からすのそばやさん』があります。それぞれ、どんな活躍をするのか、ぜひ合わせてお手にとってみてくださいね。

 

この記事に出てきた本

関連記事

バックナンバー

今日の1さつ

この本を読んだあとに「公園行きたい」「ブランコする」と言いました。いつも「すべり台する」だったのが、ノンタンがブランコしている姿が楽しそうだったのかなあ〜と思いました。(2歳男の子・お母さまより)

pickup

new!新しい記事を読む