icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_hatena_01 icon_line_01 icon_pocket_01 icon_arrow_01_r

今週のおすすめ

ダイナミックなしかけ絵本『ひらいてびっくり! のりもの のりもの』

夏休みは、お出かけの機会も多いですね。ふだん使わない乗りものに乗るのは、ワクワクドキドキの体験です。『ひらいてびっくり! のりもの のりもの』(中垣ゆたか 作)では、ゆうちゃんと弟のこうくんが、2人だけでおばあちゃんの家をめざします。本当に乗りものに乗ったような気持ちになれる、大きくひらくしかけにも注目の一冊です。


バス、フェリー、電車で大冒険!

 しっかりもののゆうちゃんと、のんびりやの弟のこうちゃんは、初めて2人だけでおばあちゃんの家に行くことになりました。
 
 まず2人が乗るのは、バスです。「はやく はやく! バスが でちゃうよ!」あわてて乗り込むと……


中には近所のおばあさんが。2人の旅の話を聞いて、「えらいねえ」と飴をくれました。

バスの後ろのページを真ん中から左右にひらくと……どーん! 車内の景色が広がります。

 2人は「フェリーのりば」というバス停で、バスを降りました。次はフェリーに乗るのです!
 
 大きなフェリーのページをめくると……


フェリーの甲板にでました! フェリーが橋の下を通っています。ゆうちゃんとこうくんは、ここでお弁当を食べるようです。
 
 さて、フェリーを降りたら、次は電車に乗るのですが、なかなか駅が見つかりません。不安になったゆうちゃんは、泣き出してしまいます。でもそこで、弟のこうくんが言いました。「おねえちゃん、あのおじさんに きいてみようよ!」
 
 さあ、2人は無事に電車に乗って、おばあちゃんの家へたどり着けるでしょうか?
 

子どもだけの旅のワクワクとドキドキ、ダイナミックなしかけに釘づけ!

 この本には、乗りものに乗る楽しさと、子どもだけで旅をするというワクワク、ドキドキがつまっています。そしてその気分をより一層盛り上げてくれるのが、ページが両側に大きくひらくしかけです。このしかけには、乗りものに実際に乗り込んだような没入感があり、主役の2人と一緒に旅をしている気持ちになります。
 
 著者の中垣ゆたかさんのおじいさんとおばあさんは実際に島にお住まいになっていて、子どものころの夏休み、フェリーにのって遊びに行くのを毎年楽しみにしていたそうです。おうちについて玄関をあけると、りっぱな和風建築がひろがるシーンは、おじいさんのおうちがそのまま再現されています。おじいちゃん、おばあちゃんちにこういうものがあったよな〜というものがたくさん描かれていて(博多人形など…)じっくりながめるのもおもしろいです。
 
 電車がトンネルをくぐるときの、迫力満点のしかけページも必見! 夏のお出かけの前や後、旅のおともにもおすすめです。ぜひ実際にしかけを体験してみてくださいね。

 

この記事に出てきた本

関連記事

バックナンバー

今日の1さつ

おもしろかったし楽しかったし うーぱーるーぱーとおたまじゃくしとかたつむりがとてもかわいかった。(5歳)

pickup

new!新しい記事を読む