icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_hatena_01 icon_line_01 icon_pocket_01 icon_arrow_01_r

今週のおすすめ

犬小屋で寝た翌朝、ぼくは犬になっていた!『ジローとぼく』

愛犬と過ごす、ちょっぴり奇妙な夏の1日を描いた絵本『ジローとぼく』(大島妙子 作・絵)をご紹介します。

愛犬ジローとぼくが入れ替わってしまって……?!

 ジローとぼくは、毎晩いっしょの布団で寝ています。子犬のころは小さくて、ぼくの腕の中にすっぽりと収まっていたジローですが……どんどん、どんどん大きくなりました!

 ある日、成長したジローのために、お父さんとぼくは犬小屋をつくってやりました。

 ジローが犬小屋で寝るはじめての夜。庭から響く「ウォーン」「ウォーン」という悲しそうな声にたまらなくなったぼくは、ジローといっしょに犬小屋で寝ることにしました。

 「きょうだけだぞ きょうだけ ここで ねてあげるけど、あしたからは ひとりだよ」ジローにそう言い聞かせたぼくは、いつの間にかぐっすり眠ってしまい……。

 朝。目を覚ますと、ぼくはびっくりしました! なんたって、ジローがぼくの服を着て、食卓について朝ごはんを食べているんですから。「どうしてだか わからないけど、ぼくが ジローで ジローが ぼくに なったのだ」!

犬小屋から縁側をながめている構図。家族の生活を犬の目線でのぞきこんでいるような、ふしぎな気分に。

 ジローは何食わぬ顔で、ぼくの代わりに学校の宿題をしたり、妹といっしょに遊んでやったり、おばあちゃんの肩たたきをしたり。ぼくがいつも面倒くさがっていたことをやっているジローは、なんだかうれしそうです。一方のぼくも、自由きままな犬の暮らしを満喫して……。

ふしぎと懐かしい、家族の風景

 大島妙子さんは『たなかさんちのおひっこし』『ケンケンとびのけんちゃん』『タマミちゃんハーイ!』『ぼくんちどうぶつえん』「オニのサラリーマン」シリーズなどで知られる絵本作家。どこか懐かしさのある温かな絵と、ユーモラスなお話が多くのファンを生んでいます。

 縁側やちゃぶ台がある居間、吹き流しがついている扇風機、ビール片手に野球観戦をするお父さん、3世代での同居……。実際に体験したことはなくとも「懐かしい」と感じる家族の風景が描かれる本作。ぜひご一読ください。

この記事に出てきた本

バックナンバー

今日の1さつ

息子が小さい時とても喜んで何度も何度も読んでいたのでぜひ孫にと思い購入しました。まだ理解できていませんが、単純明快な言葉と動きで眼を丸くして見ています。(9ヶ月・おばあさまより)

pickup

new!新しい記事を読む