icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_hatena_01 icon_line_01 icon_pocket_01 icon_arrow_01_r

編集部だより

もうすぐハロウィン! 魔女が出てくる絵本、集まれ!

 こんにちは。編集部の小宮山です。東京もすっかり秋の空になり、もうすこししたら町はハロウィンの雰囲気になってくるころ。
 
 ハロウィンといえば、カボチャ、オバケ、ドラキュラ、いろいろイメージが浮かびますが、「魔女」も代表選手。みなさんは、魔女といえば、どの魔女を思い浮かべますか? 
 
 きょうの編集部だよりでは、偕成社の絵本にでてくる魔女たちを紹介しようと思います。まずひとりめ!
 
絵本『となりのまじょのマジョンナさん』イラスト
 
 マジョンナさんです。三つ編みが4本もあって印象的、そしてストライプのくつしたがかわいい魔女です。 
 
 『となりのまじょのマジョンナさん』(ノーマン・ブリッドウェル作、長野ヒデ子絵、ながつきるり訳)にでてくる魔女は、とっても陽気で、現代的。スーパーマーケットへ買い物に行くし、トラックを使ってお引っ越しします。
 
 うらやましいのは、こんなことにも魔法が使えるところ。お酒飲みながら読書している間に、部屋が片付いているようです(あ、マジョンナさんが読んでいる本は『せとうちたいこさん』だ)。
 
 
 マジョンナさんのおうちはこんなようす。面白そうです。
 
絵本『となりのまじょのマジョンナさん』家のイラスト
 
絵本『となりのまじょのマジョンナさん』表紙
 
 となりのお姉さん風のマジョンナさんでした。
 
 つぎはこちら。『おばけやしきへようこそ!』(キッキ・ストリード作、エヴァ・エリクソン絵、オスターグレン晴子訳)の魔女です。こんどはしっかり怖そうですが、どうでしょう?
 
絵本『おばけやしきへようこそ!』魔女のイラスト
 
 森で両親とはぐれ、道に迷った女の子が、一夜の宿として訪れたのはなんとおばけ屋敷。魔女たちはあの手この手で女の子を怖がらせようとします。でも女の子は、どんなものを見てもちっとも怖がらなくて・・・という楽しいお話。
 
 がっかりしている魔女がかわいいです。
 
絵本『おばけやしきへようこそ!』魔女とトロルと女の子のイラスト
 
 魔女たちが住むお屋敷はこんなようす。
 
絵本『おばけやしきへようこそ!』おばけやしきのイラスト
 
絵本『おばけやしきへようこそ!』表紙
 
 一見おそろしそう、でもなんだかかわいい、『おばけやしきへようこそ!』の魔女たちでした!
 
 
 つぎはこの魔女! 今度こそ、怖そうです!『まじょまじょランド』(ませぎりえこ作)の魔女です。
 
絵本『まじょまじょランド』魔女のイラスト
 
 主人公のさくらちゃんとるりちゃんが、「アブラカタブラ・・・」と呪文をとなえると、ふたりはあっというまに魔女の国へ! そこでねことぶたに姿を変えられてしまったふたりは、魔女の命令にしたがってスープ作りをします。
 
 さくらちゃんとるりちゃんをこき使うのがこの魔女。バサバサの髪や紫色のつめがこわいですね〜。
 
 魔女たちが住む「まじょまじょランド」はこんなようす。まるで魔女のぼうしのようなとんがり屋根が楽しい。
 
絵本『まじょまじょランド』まじょまじょランドの風景イラスト
 
絵本『まじょまじょランド』表紙
 
 けっこう怖い魔女が登場する『まじょまじょランド』は、9月中旬発売です。ぜひ見てみてください〜。
 
 どの絵本も、ハロウィンを過ぎても、一年中楽しい作品。偕成社には、絵本のほかにも魔女がでてくる作品があれこれありますよー。
 
 個性豊かな魔女を紹介してきましたが、「魔女といえばどの魔女を思い浮かべる?」ときかれたら、やっぱりわたしは、おかしのCM「ねるねるねるね」の魔女ですかねー(!)。みなさんにとっての魔女のイメージはどんなでしょう? ぜひ教えてくださいね!
 
 
 あ! もうひとつ重要なお知らせが。11月にでる本にも、すてきな魔女のお母さんとその娘がでてきます。『まじょのむすめ ワンナ・ビー』(竹下文子作、種村有希子絵)です。
 
 こちらはまだ色校の段階なので、ちらっとだけ。黒いぼうしの中がピンク色で、洋服もかっこいい、なんだか新しい魔女のすがたです。
 
 
 
 くわしくはまた紹介しますね! 一言では語れないぐらい、とってもいいお話なんです。
 
 魔女いろいろでした。それではまたー!
 
(編集部・小宮山)

この記事に出てきた本

関連記事

バックナンバー

今日の1さつ

小学校で絵本読み聞かせをしています。「いじめ」の本当にあったお話、よみはじめるとシーンとなり、悲しそうな顔になります。作者の思いがそのまま大勢の子どもたちにひびきます。このほんを知って書店に注文しました。(60代)

pickup

new!新しい記事を読む