icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_hatena_01 icon_line_01 icon_pocket_01 icon_arrow_01_r

編集部だより

大きくて、長生きで、強い? かっこいいサメのすべてがわかる本『サメってさいこう!』

 こんにちは! 編集部の秋重です。
 先日、512歳のサメが発見された!というニュースが話題になっていました。
 

(日本語のニュースはこちらhttps://jp.sputniknews.com/science/201908176591779/

 ワオ。大きくて、強くて、そのうえ長生き!サメって最強の生きものですよね。でも、サメが最強の生きものである理由は、もうひとつあるんじゃないかと思っています。それは、

「種がめちゃくちゃおおい」

 ということです。サメのなかまだけで、500をこえる種がいます。さすがに昆虫(100万種以上いるそう…)には完全に負けますが、なかなかの数ではないでしょうか? 大きかったり、小さかったり、変な形だったり、ふしぎな生まれ方をしたり、強かったり、強くなかったり、想像をこえたさまざまっぷりで500種が存在しています。
 
 多種多様なサメがあつまることで「サメ」という生きもの全体が強くなってる、そう思うのです(そう、スーパーヒーローたちがあつまった「アベンジャーズ」や「ジャスティス・リーグ」を思いうかべてください)。
 
 そんな多種多様なサメ、どんなサメがいるの?と思ったらぜひこの本をどうぞ!

『サメってさいこう!』(オーウェン・デイビー/作 越智典子/訳 佐藤圭一/監修)

 この本では、たくさんのサメをそれぞれのとくいなことを中心に紹介しています。たとえば…
 でかくて強い! キング・オブ・サメ ホホジロザメ(サメ界のハルク)

 とにかく速い! アオザメ(サメ界のクイックシルバー)

 めちゃくちゃ小さい!(でも発光する!) 
 ペリーカラスザメ(サメ界のアントマン)

 などなど、スーパーパワーを持ったクールなサメがせいぞろい! ほかにも神話に出てくるサメのこと、ふしぎなサメのくらし、人間によっておびやかされるサメの生活のこと、などなど、サメについてじっくり紹介しています。
 
 ものすごくかっこよくサメを描いているのは、今大注目のイラストレーター、オーウェン・デイビーさん。デフォルメされているようでリアル、手ざわりのあるイラストにひきこまれます。絵の構図もいつもドーン!とかっこいい…。中毒性が高すぎてやめられないスマートフォンゲーム「Two Dots」のイラストも描いている方です。

わたしの好きなサメは、頭にハンマーをもつシュモクザメです(サメ界のソー)。

 夏休みの自由研究にもぴったり! ほかにもスーパーヒーローに似たサメをさがしてみてください〜。
 
 オーウェンさんのイラストにはまったらこちらもどうぞ!

・同じようにいっぱい種類がいる生きもの「サル」のすべてがここに!
『サルってさいこう!』
 
 
・いろいろな生きものが子孫をのこすためにどういう工夫をしているかがすっきりわかる!(100万回くらい「なるほどー、まじか!」とおもう本)
『自然のふしぎ大図解 ナチュラルワールド』
 
 
  オーウェンさん、どんどんあたらしい本を出しているので、日本でもどんどん紹介できたらいいな!とおもっています!ご期待ください〜。
 
(編集部・秋重)

この記事に出てきた本

関連記事

バックナンバー

今日の1さつ

小学校で絵本読み聞かせをしています。「いじめ」の本当にあったお話、よみはじめるとシーンとなり、悲しそうな顔になります。作者の思いがそのまま大勢の子どもたちにひびきます。このほんを知って書店に注文しました。(60代)

pickup

new!新しい記事を読む