icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_hatena_01 icon_line_01 icon_pocket_01 icon_arrow_01_r

編集部だより

『ぷっくり ぽっこり』ができるまで(プロローグ)

こんにちは。編集部の丸本です。
GW、終わっちゃいましたね。みなさんはどんなお休みをすごしましたか?
僕は植物の植え替えなどしてのんびり過ごしていました。
 
このたび、はじめて担当した赤ちゃん絵本が5月に刊行されます。その名も『ぷっくり ぽっこり』。刊行を記念して、「わたしの新刊」のコーナーにて、著者の中村至男さんにインタビューをしました。そのようすは近日公開予定なので、こちらでは、その〈まくら〉になるようなお話を。
 
 
著者の中村至男さんは、グラフィックデザイナーとして活躍されています。
その魅力を勝手にひとことであらわすなら、シンプルななかに気づきをあたえるグラフィック。
ごちゃごちゃとせず、わかりやすい。それでいて、見ている人にあっとおどろく「気づき」をあたえるような作品を数多くつくられていて、ニューヨークADC銀賞、ボローニャ・ラガッツィ賞優秀賞、第20回亀倉雄策賞、2018毎日デザイン賞、第16回日藝賞など、国内外の数々の賞を受賞されています。

中村さんがディレクションをした「単位展」のメインビジュアル

 
そんな中村さんがはじめて手掛けた絵本が『どっとこどうぶつえん』(福音館書店)でした。
 

「どっと」で表現されたどうぶつたちですが、ひと目みただけで、あのどうぶつ! というのがわかりますよね。子どもたちと読むと、あっというまにクイズがはじまって大盛りあがりなのだとか。
7月号の「こどものとも(年中向き)」では、続編『どっとこ むしずかん』も出るようです! たのしみですね。
 
この本を見て、ぜひいっしょに絵本をつくりたい! とおもい、手紙をしたためて、はじめてお会いしたのが2015年秋のこと。それから折にふれてお会いしながらも、なかなか動き出せないまま月日が経っていたのですが……ある日のうちあわせで見せていただいたのが、『ぷっくり ぽっこり』のプロトタイプでした。
 
 
ひと目見て、「これは発明だ!」とおもいました。(おおげさではなく)
穴をあけて指を出すというシンプルなしかけなのに、見たことのない使いかた。さわると気持ちよく、まるで自分のゆびではないみたいで、ふしぎな感触……!! いわゆる「穴あき絵本」は数あれど、指をはみださせてその「おにく」をさわってもらうというのは新鮮で、まさにシンプルで「気づき」に満ちたあたらしい絵本になる! とおもいました。
 
市ヶ谷の喫茶店から、鼻息と鼻歌まじりにプロトタイプを持ちかえりました。こうして、『ぷっくり ぽっこり』の企画がスタートしたのでした。
 
はじめてお会いしてから、この時点で約5年、ようやくスタートラインに立った絵本づくりでしたが、世はコロナ禍へと突入。中村さんも私もはじめてつくる「赤ちゃん絵本」だったこともあり、ここからも長い道のりがありました。友人や同僚、家族など、いろいろな子どもたちに読んでもらったりして、試行錯誤しながらつくりあげていきました。
 

友人の家で試作品をためしよみ。あら、よだれたれてますよ。

こちらは同僚のお子さん。印刷されていない穴あきのサンプルでもおおよろこび!

そんな長い道のりと、この絵本への中村さんの想いは、今月下旬に公開の「わたしの新刊」のほうをぜひごらんください。読みごたえたっぷりなので、おたのしみに。
 
紙ならではの魅力が満載の、新感覚の赤ちゃん絵本です。まずは書店さんでさわってみていただけたらうれしいです!
 
(編集部 丸本)

この記事に出てきた本

バックナンバー

今日の1さつ

作者の、こういうお話があったら面白いな、こんなことあったらすてきだな、という気持ちが収められた、色とりどりのびんづめを眺めているような物語集でした。(30代)

pickup

new!新しい記事を読む