icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_hatena_01 icon_line_01 icon_pocket_01 icon_arrow_01_r

今週のおすすめ

桜の木の1年をみずみずしく描く、春によみたい絵本。『はじめまして』

少しずつ、春の足音が聞こえてくる3月。桜のつぼみもふくらむ頃ですね。

きょうご紹介する『はじめまして』(近藤薫美子 作)は、春、一輪の花を咲かせるところからはじまる、桜の木の1年間を描いた絵本です。春夏秋冬、どの季節のどの1日も、「はじめまして」に満ちています。


春、花が咲き、ミツバチがやってきた

 はじまりは、春。桜の花が咲き、「はじめまして」とミツバチがやってきました。花のみつをもらいにきたのです。
 
 つづいて、シジュウカラの子が「はじめまして」。そしてあちこちで、いろんな虫たちが、「はじめまして!」と木にやってきます。
 
 同じ木に咲くどのも、ちがう顔です。それぞれの花と生きものの間で、あいさつが交わされます。

 やがて、桜の季節が終わり、花と風が「はじめまして」と出会い、花は散っていきます。
 夏に近づき、葉っぱが芽を出したときも、実がなったときも、葉っぱが落ちたときも、虫たちや、おひさまや、大地と出会う桜のまわりには、「はじめまして」が満ちています。
 

 そして、雪がひとひら、「はじめまして」と、冬芽の上におちてきました。雪はつぎつぎと降ってきます。

いくせん いくまん いくおくの はじめまして。

 

真っ白に覆われる、桜の木。でも、その下では、新たな「はじめまして」が眠っていて……。
 

「ようちえん絵本大賞」受賞! じっくり眺めたい絵も魅力

 桜をとおしてさまざまな「はじめまして」を、豊かに、たからかに描いたこの絵本は、第11回ようちえん絵本大賞の特別賞にも選ばれました。
 また、虫をはじめとした、自然の中の生きものを描くのが得意の近藤薫美子さんならではの、細部まで楽しい絵も見事です。よーく見ると、あちらこちらで虫たちが会話を楽しんでいるんですよ。

クモの巣にゴミを持ってきている虫も!



 あたたかくユーモアもある、春、そしてその先の季節も楽しみになる一冊です。入園・入学、新しい生活などの「はじめまして」の前に、ぜひ手にとってみてください。

この記事に出てきた本

バックナンバー

今日の1さつ

何気ない当たり前の小さな世界が文字通り波紋となって宇宙の景色とリンクしていく様に心がギュッと熱くなりました。夏の夜に耳をすませながらページをめくりたくなるそんな一冊です。(24歳)

pickup

new!新しい記事を読む