icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_hatena_01 icon_line_01 icon_pocket_01 icon_arrow_01_r

今週のおすすめ

『はらぺこあおむし』のエリック・カールの絵で、はじめての英語!『エリック・カールの えいごがいっぱい』

わが子には、おさないころから英語に親しんでほしい! という方におすすめしたいのが、『エリック・カールの えいごがいっぱい』です。絵本『はらぺこあおむし』で有名なエリック・カールさんによる英単語の本。カラフルで楽しいイラストとともに、遊びながら英語も日本語も学べる1冊です。


収録したことばは、220語以上!

 この絵本の原題は“Eric Carle’s Book of Many Things”。数々の絵本を手がけてきたエリック・カールさんのイラストを「まいにちのたべもの」「てんき」「のりもの」などのカテゴリにわけてならべた、ことば図鑑です。
 
 日本語版では、もとの英語をのこし、その下に日本語をくわえました。たとえば、grapesの下にはぶどう、goldfishの下にはきんぎょと日本語が書いてあります。小さなお子さんの「はじめてのことば」の絵本としても、英語を学びはじめたお子さんの「はじめての英単語」絵本としても、楽しむことができます。
 

 もうひとつの特徴は、英語にカタカナで、目安の読み方がついていること。強く読む部分は太字、軽く読む音は小さい文字で表されています。たとえば、sausageの読み方は「ソーセージ」ではなく「ースィッジ」、dogの読み方は「ドッグ」ではなく、「ーグ」です。ぜひ、ひとつひとつの言葉を、親子で声にだして読んでみてください!

エリック・カールならではの、カラフルで明るいイラスト

 この絵本は、エリック・カールさんがこれまで描いてきた絵本やグッズのためのイラストを組み合わせてつくられているのですが、おどろくのは、どのページも自然と調和がとれていることです。グラフィック・デザイナー出身のカールさんの絵が、いかにデザイン性に秀でているかがわかります。

 明るく、カラフル、そして、すぐに何が描いてあるかがわかる明快なイラストは、小さな子どもたちのことばへの導入として、ぴったり。63ページもある大満足のボリュームで、ながめているだけでも楽しい1冊です。
 
 エリック・カールさんの絵本を何冊も読んだことのある方なら、それぞれのページに切り取られたイラストが、どの絵本からのものか、あてられるかもしれません! ぜひそんな遊び方もしてみてくださいね。

この記事に出てきた本

関連記事

バックナンバー

今日の1さつ

子ども達へおはなしや絵本の読み聞かせをする活動をしています。「ピーターとオオカミ」は以前影絵劇として制作・公演したことがあります。降矢さんの絵は絵本のもつ特徴を生かした動きのある素晴らしい絵で画面からオーケストラの音が流れてくるようです。(70歳)

pickup

new!新しい記事を読む