icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_hatena_01 icon_line_01 icon_pocket_01 icon_arrow_01_r

今週のおすすめ

子どもの願いを絵本でかなえる!『パパ、お月さまとって!』

夜空で光るお月さまは、子どもたちにとってたいへん気になる存在。『はらぺこあおむし』でおなじみのエリック・カールさんもある日、3、4歳だった娘さんに「パパ、あのお月さまとって!」とおねだりされたことがあるのだそうです。その後20年以上たってから、そのときの思い出をもとに、娘さんとすべての子どもたちの願いを絵本でかなえました。


 

パパは、長いはしごをもって、お月さまのもとへ!

 ある晩のこと、窓の外にお月さまが見えました。「お月さまと あそびたいな」モニカはお父さんに外へつれていってもらいますが、肩車で手をのばしてみても、お月さまにはちっとも届きません。

「パパ、お月さま とって!」

 子どもらしさに満ちた、かわいらしい願いですが、さあパパはどう応えたらよいでしょうか? なんとこの絵本のパパは……

よしきたと、長い長いはしごをもってきます! もちろん、それは月へかけるはしご。モニカのためにパパは、はしごを高く高くかけて、月をとりにいってくれるのでした。

 さあ、パパは月をどうやってモニカのもとに届けてくれるのでしょうか? つづきは絵本でたしかめてみてくださいね。

月の大きさと距離の感覚を、おどろきのしかけで表現

 さまざまな斬新なアイデアで私たちを楽しませてくれるエリック・カールさんの絵本ですが、こちらの絵本のしかけは特にダイナミック!

 「パパは、ながーい ながい はしごを もってきました。」の場面では左右にページが開き……

 パパが月にたどりつく場面では、縦へ横へとページが大きく広がります。

 地上からだと小さく見えて手にとれそうな大きさの月ですが、それは遠〜くにあるから。近づくと実はとっても大きい! ということを、しかけをつかってわかりやすく教えてくれます。

 娘さんに「パパ、あのお月さまとって!」とねだられたカールさんは、月がいかに遠く大きいかを説明しようとしましたが、まだ小さな娘さんが理解するのは難しかったのだそうです。この本では、絵本ならではの想像力にみちたストーリーとしかけをつかって、月の距離と大きさ、そして満ち欠けのようすをみごとに表現しています。

 こちらの絵本は、小さくて丈夫なボードブック版、そして巨大なビッグブック版もあります。ビッグブック版では、さらに迫力のしかけを楽しむことができます。

パパの読み聞かせにも! 愛読者はがきの声

 最後に、愛読者はがきの声をご紹介します。パパがはりきって読めるタイトルなので、男性の読み聞かせにもおすすめですよ!

早速、パパに読んでもらっていました。「お月さまをとる」という内容は夢があってとてもいいなと思いました。子どもにとってはとても印象的だったようで、夜寝室から月が見えると、私にも主人にも月をとってくれました。(もちろん自分にも。)読んであげた絵本の内容を後から話してくれると、こちらもすごく嬉しくなります。(2歳・お母さまより)

娘が好きなところは、パパがながーいはしごをもってくるところです。私も子どもの目線で読むと、パパの愛情が伝わってきて、絵もきれいだけれど物語も美しいことにきがつきました。(6歳・お母さまより)

この記事に出てきた本

バックナンバー

今日の1さつ

小学校で絵本読み聞かせをしています。「いじめ」の本当にあったお話、よみはじめるとシーンとなり、悲しそうな顔になります。作者の思いがそのまま大勢の子どもたちにひびきます。このほんを知って書店に注文しました。(60代)

pickup

new!新しい記事を読む