icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_hatena_01 icon_line_01 icon_pocket_01 icon_arrow_01_r

今週のおすすめ

絵が語る絵本! のんびりお散歩……と思いきや、実は命の危機が。『ロージーのおさんぽ』

文字だけを追うと、めんどりロージーののんびりとしたさんぽの道中を描く絵本。ところが絵をみると、実はロージーにはとんでもない危険が迫っていたのです!
きょうは、絵がさまざまなことを語るユニークなロングセラー絵本『ロージーのおさんぽ』(パット=ハッチンス 作/渡辺茂男 訳/初版1975年)をご紹介します。たくさんの作品を手がけるイギリスの絵本作家、ハッチンスのデビュー作です。

おさんぽにでかける、めんどりのロージー。その背後には…

 とある牧場のとりごやから、めんどりのロージーがおさんぽにでかけました。
 

でも、その後ろには……

なんと、きつねがいて、ロージーをねらっています! 舌なめずりをするきつね。ロージーをつかまえて食べるつもりなのでしょうか? 気をつけて、ロージー!
 

 でもロージーは、きつねの存在にちっとも気づきません。ただただ平和に、お庭をすたこら歩いていきます。その後ろには、今にもとびかかりそうなきつね! たいへんです!


と、思いきや、きつねの顔にすきがごちん!

前のページをみると、たしかに鋤が落ちています。ロージーは気づかないうちに、九死に一生を得たのです!
 
 このあともロージーは、池のまわりをあるいたり、干し草の山をこえたりと、すたすたおさんぽを続けます。その後ろをきつねはずっと追いかけ、ロージーは常に危険な状態……なのですが、当の本人はまったく気づかず、一方のきつねには次々と災難がふりかかるのです。

絵が語るユニークなつくり! じっくり見て楽しもう

 全体の文字は少ないものの、絵の中に物語がある、まさに「絵が語る絵本」。読者はそのドラマの一部始終をみているのに、主人公であるロージーはちっとも気がつかない、というのもユニークなところです。
 
作者のパット=ハッチンスは多くの絵本を手がけていますが、この『ロージーのおさんぽ』がデビュー作です。のどかで愛らしいロージーのいる農場は、イギリスの田園地帯出身という彼女ならではの舞台かもしれません。

この絵の中に、ロージーがおさんぽで通る池や小屋が描かれています。

 また、2019年7月には、続編である『ロージーのひよこはどこ?』が好学社から刊行されました。合わせて読んでみるのもいいですね。

ロージーのひよこはどこ? パット・ハッチンス 作/こみや ゆう 訳 好学社

この記事に出てきた本

バックナンバー

今日の1さつ

小学校で絵本読み聞かせをしています。「いじめ」の本当にあったお話、よみはじめるとシーンとなり、悲しそうな顔になります。作者の思いがそのまま大勢の子どもたちにひびきます。このほんを知って書店に注文しました。(60代)

pickup

new!新しい記事を読む