icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_hatena_01 icon_line_01 icon_pocket_01 icon_arrow_01_r

今週のおすすめ

春のうれしさに満ちた1冊!『わかくさのおかで』

春です。色とりどりの花があちこちで咲き、木の枝みどりがしげるのをみると、わたしたちの心にも、うれしい気持ちがにょきにょき芽生えてきますね。

今回ご紹介するのは、そんな春のうれしさがぎゅっとつまった『わかくさのおかで』(かじりみな子 作)。うさぎのラビッタちゃんが、家族みんなでピクニックに出かけます!

わくわくうれしいピクニック

 うさぎのラビッタちゃん一家は、ピクニックに出かけました。パパとママ、そしていもうとのピョコラッタちゃん。お花畑で遊んだり、準備したお弁当をみんなで食べたり、姉妹でちかくを探検したり……。「春」があふれる野原で過ごすのは、とってもいい気持ちです。


 ラビッタちゃんのあとを、ぴょこぴょこ追いかけるピョコラッタちゃん。ラビッタちゃんが「ラッタ ラッタ」とうたうと、「たった たった」とまねっこします。
 ところが––––

ラビッタちゃんが、わたすげの原っぱをごきげんで進んでいるうち、ピョコラッタちゃんの声がしなくなりました。いつのまにか、はぐれてしまったのです!

 ラビッタちゃんのむねは、どきどきどき……。パパとママといっしょに、ピョコラッタちゃんを探します。さて、ピョコラッタちゃん、大丈夫かな?

おいしそうな食べもの、細かく描きこまれた絵にも注目!

 あたたかいお話とともに、この絵本の大きな魅力となっているのが、美味しそうな食べものと、かじりみな子さんならではの細かな絵です。
 
 ラビッタちゃん一家がピクニックに持っていくお弁当は、こちら!
 
・こけももをぎゅっとしぼったジュース
・たんぽぽの葉っぱにベリージャムをたっぷりぬった、にんじんサンドイッチ
・いちごを乗せてカリカリに焼いた、ライむぎパイ

うーん、なんておいしそうなんでしょう!
 
 そして、広い野原の絵には、たくさんの動物たちが描きこまれていて、よくみるとそれぞれにまた別のお話がひそんでいそうです。
 
 シギが結婚式をあげていたり、オオカミが筋トレをしていたり、フクロウが読書をしていたり……。実はラビッタちゃん一家と同じコースでピクニックを楽しんでいる、カピバラの一家もユニークです。
 
 こうした細部の工夫については、刊行時のインタビューで、かじりさんご本人がくわしく解説してくださっています。
 
 春のうれしさに満ちた一冊です。ぜひ読んでみてくださいね。前作『ゆきがふるまえに』もおすすめです!

この記事に出てきた本

関連記事

バックナンバー

今日の1さつ

子ども達へおはなしや絵本の読み聞かせをする活動をしています。「ピーターとオオカミ」は以前影絵劇として制作・公演したことがあります。降矢さんの絵は絵本のもつ特徴を生かした動きのある素晴らしい絵で画面からオーケストラの音が流れてくるようです。(70歳)

pickup

new!新しい記事を読む