icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_hatena_01 icon_line_01 icon_pocket_01 icon_arrow_01_r

今週のおすすめ

子どもの英語学習を絵本で! 曜日や数字を楽しく学ぶ、名作のバイリンガル版

2020年度からはじまる新学習指導要領で、英語教育が強化されます。早くから英語に親しみたい一方、はじめの一歩をどうしたらいいか、迷うこともあるかもしれません。そんなとき、絵本をよむことから始めてみてはいかがでしょうか?
今回は、英語学習にも役立つ、偕成社のバイリンガル絵本をご紹介します!
 

「英語でもよめる」絵本って?

 日本語版と並行して出版している、バイリンガル絵本。日本語に加え、原書の英語が載っていて、偕成社では「英語でもよめる」マークをつけています。(『よかったね ネッドくん』のみ、マークなし)

左から、『英語でもよめる はらぺこあおむし』(エリック・カール 作/もりひさし 訳)、『英語でもよめる くまさん くまさん なにみてるの?』(エリック・カール 絵/ビル・マーチン 文/偕成社編集部 訳)、『英語でもよめる 月ようびは なにたべる?』(エリック・カール 絵/もりひさし 訳)、『英語でもよめる ぼちぼちいこか』(マイク・セイラー 作/ロバート・グロスマン 絵/今江祥智 訳)『よかったね ネッドくん』(レミー・シャーリップ 作/やぎたよしこ 訳)

 
 日本語版とバイリンガル版をくらべてみると……
 

 たとえば、エリック・カールさんの代表作『はらぺこあおむし』。日本語版はこちら。

つぎに『英語でもよめる はらぺこあおむし』は、こちら。

 このように英語が併記され、日本語と英語の両方で楽しめるようになっています。

学習にも役立つ魅力がいっぱい

 そして、「英語でもよめる」絵本には、こんな魅力もあります!
 
(1)はじめて英語にふれる導入にぴったり
 
最近は幼いころから英語学習をはじめるお子さんも多いですよね。はじめて英語にふれるとき、日本語で読みなれた絵本から始めれば、「むずかしそう……」という不安を軽減できるかもしれません。
日本語と同時に読むと、自然に英語に親しむことができます。

 
(2)小学校で習う、「色」「動物」「食べ物」「曜日」「数字」が登場!
 
「英語でもよめる」絵本の5作には、小学校の英語の授業で出てくる要素がたっぷり入っています。
 
茶色のくま(brown bear)、赤いとり(red bird)、といった、さまざまな「色」と「動物」。(『英語でもよめる くまさん くまさん なにみてるの?』)
 
月曜日(Monday)にはやまあらし(porcupine)がさやいんげん(string beans)を、火曜日(Tuesday)にはへび(snake)がスパゲッティ(spaghetti)を食べる……といった、「曜日」と「食べ物」、そして「動物」。(『英語でもよめる 月ようびはなにたべる?』)


 このように、どの絵本にも、小学校で習う単語が登場し、自然に英語に親しむことができます。もちろん、お話も楽しめます!
 
(3)1冊で、2冊分! お得でプレゼントにも人気
 
英語の原書、日本語版、と2冊に分かれていた本が1冊にまとまっているので、とってもお得。楽しめて学べるので、プレゼントにもおすすめです。「日本語版はもう持っていそう……」という場合も、「英語でもよめる」絵本ならかぶらないかも!?

最新刊『英語でも読める 月ようびは なにたべる?』は歌もバイリンガル!

 シリーズ最新刊は、2020年2月発売の『英語でもよめる 月ようびは なにたべる?』。アメリカのわらべうたにエリック・カールさんが絵をつけた、リズミカルで愉快な絵本です。


 本の最後には、わらべうたの楽譜も載っています。もちろん、楽譜もバイリンガル版! 日本語と英語、両方で歌えば、よりいっそう楽しめます。

*このうたは、「エリック・カール絵本うた」のCDに収録されています。
 
このCDがセットになった『はらぺこあおむし+CD絵本うたプレゼントパック』もあります!(※このパックの『はらぺこあおむし』は、日本語のボードブック版です)
 

 英語に親しむ一歩として、ぜひ手にとってみてくださいね。

この記事に出てきた本

関連記事

バックナンバー

今日の1さつ

バス好きの子なので、バスのタイトルにひかれ手にしました。「ピンポン」とバスの案内で子どもがあきずに最後までくいついてみていました。絵も都会の景色から田舎の景色へとかわり、最後の山の影を走るバスと夕やけの姿が印象的で好きです。(3歳・ご家族より)

pickup

new!新しい記事を読む