icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_hatena_01 icon_line_01 icon_pocket_01 icon_arrow_01_r

今週のおすすめ

絵本作家・いわむらかずおさんのロングセラーシリーズ「タンタンのえほん」

2020年でデビュー50周年をむかえた絵本作家、いわむらかずおさん。「14ひき」のシリーズ(童心社刊)などで知られるいわむらさんの初期の作品で、今も読みつがれるロングセラーが、今回ご紹介する「タンタンのえほん」シリーズです。

おさるのタンタンのずぼんには、すてきなことがいっぱい!

 「タンタンのえほん」シリーズ第1作である『タンタンのずぼん』は、1976年に出版されました。


 タンタンの、ずぼんつりのついたずぼんは、大きくなってもずっとはけるずぼん。ぶかぶかで困ることもありますが、それよりもいいことがいっぱいあるんです。
 
 表紙のように、耳にかけるのはまだ序の口! ほかには、ブランコになったり、
 
 
 タクシーになったり!

 
 そして、ずぼんつりをもっともーっと伸ばしたら、さらにすごいこともできるんです! それは……?
 
 
 楽しいくりかえしで、ほかにはどんなことができるの?と、わくわくしながらページをめくることができる一冊です。
 

ぜんぶで4冊! タンタンと一緒にいろんなものを楽しめる

 「タンタンのえほん」シリーズは、「ずぼん」のほかに3冊!

 『タンタンのぼうし』(1978年初版)
くるくる回したり、転がしたり、高くとばしたりできる、すてきなぼうしが出てきます。


 
『タンタンのハンカチ』(1981年初版)
「ハンカチ カーチ カチ」ととなえたら大きくなって、さまざまな使いかたができる、ふしぎなハンカチが登場!


 
『タンタンのしろくまくん』(1984年初版)
雪をあつめるとあらわれる、冬のともだちを描きます。


 
 どれもシンプルなくりかえしの中で、いろんな使いかた、楽しみかたがでてきて、子どもたちにも身近なものを、タンタンと一緒に体験できます。
 
 2020年でデビュー50周年をむかえた、いわむらかずおさん。「タンタンのえほん」シリーズは、いわむらさんのくの作品のなかでも、初期から長く読みつがれるロングセラー作品です。2、3歳ごろから楽しめますので、ぜひ読んでみてくださいね。

この記事に出てきた本

バックナンバー

今日の1さつ

もう40年近くも昔、私が小学生の時、担任の先生がこの本を使っており、私たちは呪文のように唱えながら楽しんで漢字を覚えました。現在私は教師となり、肢体不自由で書字が困難な児童を受け持っています。この本のことを思い出し、書店で探しましたが、まだ出版されていてよかった!!書けなくても楽しく漢字を学ぶことができます。永遠のベストセラーです!!(47歳)

pickup

new!新しい記事を読む