icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_hatena_01 icon_line_01 icon_pocket_01 icon_arrow_01_r

今週のおすすめ

小さな「うそ」が、友だちになるきっかけに。『コレットのにげたインコ』

うそをつくのは、良くないこと。もちろん、だれでもそう思うでしょう。でも、ときには、うそがあたたかな友情を連れてきてくれることもあります。
『コレットのにげたインコ』(イザベル・アルスノー 作/ふしみみさを 訳)は、まさにそんなお話です。
 

あたらしい町に引っ越してきたコレットは、小さなうそをつく

 きょう、コレットはあたらしい町にやってきました。どうぶつを飼いたいコレットですが、おうちの人はきっぱり「何度いったらわかるの? どうぶつは飼えません」。すねたコレットは、ひとりで家をとびだします
 
 すると、2人の男の子にであいました。
「ぼく、アルバート」「トムだよ」
「わたし、コレット」
「なに してんの?」
そう聞かれて、口ごもってしまったコレット。何かいわないと……と、つい、「ペットがいなくなっちゃって、さがしてるの」とうそをついてしまいます。

「ええっ、たいへん!」「ペットって、犬?」「それとも、ネコ?」
「ええと……とりだよ…インコ!」
「インコか! いいね。さがしにいこうよ」
 アルバートとトムは、コレットのインコをさがしてくれることに。コレットはうそだと言い出せずに、2人の友だち・リリイの元へ向かいます。
「リリィが望遠鏡をもってるから借りにいこう」



コレットのインコは、どんなインコ? 空想がふくらむのとともに、友だちの輪も広がった!

 リリイのところへ行った3人。そこでリリイにインコの色をきかれ、コレットは「ええと……あ……青だよ!ほっぺは黄色なの」と答えます。
 すると、今度はリリィが「スコットの家にあるエサ台に、エサを食べにきてるかも!」と考えつきました。仲間は4人に増えて、こんどはスコットの元へ向かいます。

 そしてスコットのところで、またインコのことを質問され、コレットは想像をふくらませながら答え、それなら、というスコットの提案で、また次の友だちの元へみんなで向かい……、だんだんと仲間が増えていきます。
 
 だけど、ほんとうはいないコレットのインコ。さて、インコさがしはどうなるのでしょう? そしてみんなとコレットは?
 ふくらんでいく空想が楽しい一方、「このうそ、どうなるの?」というドキドキもある、目が離せないお話です。さいごはあたたかな気持ちになれますよ。
 


 あたらしい環境で友だちをつくるのはむずかしいもの。でも、小さなきっかけがあれば、自然とその輪は広がります。心細いときや勇気がほしいとき、ぜひ手にとってみてくださいね。

この記事に出てきた本

バックナンバー

今日の1さつ

子供が学校から借りてきました。私も(母)一緒に読んだところあまりにおもしろく、学校でも人気がありなかなか借りれませんので購入しています。今では私の方が読書が楽しくていろんな本を読んでいます。銭天堂様様です。(11歳・お母さまより)

pickup

new!新しい記事を読む