icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_hatena_01 icon_line_01 icon_pocket_01 icon_arrow_01_r

今週のおすすめ

車好きのお子さん必見! 車を前と後ろからじっくり見られるシリーズ「まえとうしろどんなくるま?」

子どもたちは、はたらく車が大好き! 何気なく道を歩いているとき、あるいは車の窓から外を眺めているとき、「あ、○○○○!」と正確な名前で教えてくれることが、しばしばあります。その車が一時停止しようものならば、そらきたとばかりに観察タイム。そんな子どもの「車をもっと見たい!」という気持ちに答えたのが、「まえとうしろどんなくるま?」シリーズ(こわせもりやす 作・絵)です!


前、後ろ、横。はたらく車を全方向から観察!

 このシリーズの大きな特徴は、車を「前面」「後面」「横面」の3つの視点から描いてあり、全体をすみずみまでじっくり見られることです。「まえと うしろ どんなくるま?」という言葉とともに、車の「前」と「後ろ」が描かれたページをめくると……

車の名前とともに、その車が大活躍する姿が描かれます。細かいパーツの説明のほか、はたらく車にはかかかせない、専任のはたらく人たちの様子も。

 夜間に活動するため、なかなか見られない車も、絵本の中なら太陽の下で心ゆくまで見ることができます。写真の場合、影になってしまったり、パーツの境目がよくわからなかったりしますが、真横、真正面から正確に車を表現できるのは絵ならではです。

どうやって描いているの?

 この絵本を描いたのは、イラストレーターのこわせもりやすさん。まるで設計図のような緻密な絵を、どのように描いているのでしょうか?

 実はこれは、イラストレータというソフト上で「パス」と呼ばれる線をつなぎあわせて描かれているのです。その元データの画像をお見せいたします!

 この赤い線が、パスとよばれる線です。みてくださいこの細かさ! 細かな曲線や色の違うところも丁寧に丁寧に描かれています。上の図は拡大しているので、実際の絵本の絵はもっと小さいのですが、ディテールまで細かく細かく描かれているからこそ、リアルな車体の絵ができあがるのですね。

シリーズは全部で4巻!

 シリーズは現在4巻まで刊行されています。ぜひ好きな車の載っている巻から、お手にとってみてくださいね。

①『どうろこうじのくるま
登場する車:クローラ式油圧ショベル/ホイールローダー/ブルドーザー/モーターグレーダー/ロードローラー/アスファルトフィニッシャー/タイヤローラ

②『きんきゅうしゃりょう
登場する車:パトロールカー/白バイ/ポンプ車/はしご車/救急車/高速道路のパトロールカー/レッカー車

③『まちではたらくくるま
登場する車:路線バス/郵便車/郵便バイク/ごみ収集車/タクシー/馬運車/ロードスイーパー/高所作業車

④『さいがいで かつやくする くるま
登場する車:救助工作車/中型水陸両用車(レッド・バスティオン)/排水ポンプ車/81式自走架柱橋/スーパーアンビュランス(特殊救急車)/給水車、野外炊具

この記事に出てきた本

関連記事

バックナンバー

今日の1さつ

対象年齢が4歳〜と知らず、歯みがき嫌がるし、自分が幼い頃に読んでいた五味太郎さんの絵本という点から選んでしまい、“まだ、早かった?”と思ったのですが、わにさんとはいしゃさんが、お互いに怖がってるのが面白かったみたいです。何度も、繰り返し読むよう、せがまれます。(2歳・お母さまより)

pickup

new!新しい記事を読む