icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_hatena_01 icon_line_01 icon_pocket_01 icon_arrow_01_r

今週のおすすめ

工藤直子さんの詩を、石井聖岳さんの絵が彩る! 詩集『地球パラダイス』

春ですね。草木が芽吹き、花が咲き、虫が活動を始める季節がやってきました。きょうご紹介する『地球パラダイス』は、そんな春からはじまる自然界の1年を描いた詩集。詩人の工藤直子さんが、代表作「のはらうた」以前からあたためていたという詩と、画家の石井聖岳さんによる色鮮やかな絵の、豪華なコラボレーション作品です。
 

 「おーい 太陽」からはじまる8つの詩と絵────ああ いい天気だ いい風だ

 『地球パラダイス』は、春からはじまる1年間を、花や木、虫などの自然を軸にして描いた詩集です。
 
 はじまりの「おーい 太陽」は、こんな詩です
 
「おーい 太陽」
 
綿雲に 花の香りをふくませて
太陽が 空を みがいている コシコシ コシコシ
ときどき その綿雲で
じぶんの顔を ふいている つるり ぴかり
 
ああ いい天気だ いい風だ
 
太陽が ひとやすみして見おろすと
花や 草や 虫たちが
おーい太陽
 
はーい なんだい?
あーそぼ
 
太陽は 光をこぼして みんなとあそぶ
綿雲も ひっぱりよせて かくれんぼしたりする
 
ああ 天と地が いっしょに踊っている
 
ぴかぴか
ぴかぴか
 

 そしてページをめくると、石井聖岳さんの絵がページいっぱいに広がります。

 このように、詩と絵が交互にでてくるというページ構成で、全部で8つの詩と絵が登場します。菜の花畑でモンシロチョウがおにごっこしたり、麦畑で風が麦たちの記念写真を撮ったり……。
 
 そして雨のあとにアジサイが色づき、気づけば空に赤とんぼが飛び、ページをめくるたび、少しずつ季節がめぐってき、最後の冬の詩「ゆれるミノムシ」では、また春がやってくることをやさしく知らせてくれます。
 
「ゆれるミノムシ」
 
(前略)
 
ミノムシが ゆれると
ツルウメモドキの あかい実も ゆれる
さむいさむい と ゆれる
 
でも……ほら
「もうすぐ春だよ」と
ミルクいろの空のむこうから声がする
あれは きっと「春」をポケットに入れて
やってくる お日さまの声だよ

きっとそうだよ


まさに”地球はパラダイス”! 新しい季節を迎えるうれしさが込み上げる一冊

 雲や太陽、花、虫たちと「おさななじみ」だという工藤直子さんが描く詩は愛にあふれ、わたしたちに自然の美しさを思い出させてくれます。そして、色鮮やかでパワーに満ちた石井聖岳さんの絵が、よりいっそうそれらのを引き立てます
 
 何気なく見上げる空や道ばたの草花が輝いてみえてくる、魔法の力を持った一冊です。タイトルの通り”地球はパラダイス”であることを胸に、うれしい春を迎えましょう!

この記事に出てきた本

バックナンバー

今日の1さつ

対象年齢が4歳〜と知らず、歯みがき嫌がるし、自分が幼い頃に読んでいた五味太郎さんの絵本という点から選んでしまい、“まだ、早かった?”と思ったのですが、わにさんとはいしゃさんが、お互いに怖がってるのが面白かったみたいです。何度も、繰り返し読むよう、せがまれます。(2歳・お母さまより)

pickup

new!新しい記事を読む