icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_hatena_01 icon_line_01 icon_pocket_01 icon_arrow_01_r

編集部だより

「犬」の絵本ができました!

みんなやっぱり犬が好き……というわけで、犬の絵本がでました! 『おやすみ わんちゃん』(なかむらみはる・作)です。「犬」がいっぱい出てきて、かぞえて楽しい絵本です。本のタイトルこそ「わんちゃん」となっていますが、このわんこ、著者の中村さんがずっと描き続けているもので、正式名称は「犬(いぬ)」です。
 

わたしと「犬」の出会い

 会社の近くに「かもめブックス」という、ちょっと小さめのしかし魅惑的な書店さんがあります。早く会社を上がれた日や、なんとなくまっすぐ家に帰りたくない、でもジムは昨日行ったしな……みたいな日に、会社の玄関を出ていつもと違う方向に曲がり、とにかくまっすぐ歩いて向かいます。
 

かもめブックス。お茶もできたりして居心地のいい書店さんです

 
 2020年の夏のある日、同じようにかもめブックスに向かいました。そこに、「犬」がいました。
 
 中村美遥さんの個展(あとから伺ったら、初の個展だったそうです)が開催されていたのです。犬かわいいなー犬だなー、犬がふとんでねている……夢……犬なんだけど、なんか人間の子どもみたいな感じもあるなー、いろんな犬がいるわ……よく見るとこれはあの人に似ている、○○の子どももよくこういううごきをしているねえ、とかとめどなく思っていました。わたしは(どちらかというと、とかでなく)圧倒的に「犬派」でありますので、「やっぱり犬はかわいい、それを再確認させてくださってありがとうございました……よいものをみた……」と思いながら芳名帳にメールアドレスをのこしつつ、大満足で帰途につきました。

こんな個展でした

個展のようす。「犬」がいっぱいいました……

なんと、グッズもいろいろあったのです……!

それから数日

 それから数日、たびたび頭の中にあの「犬」が現れました。かわいかったなー、いい「犬」であったな……としみじみしていました。すると、「ピコン」とメールが入ったのです。「犬」の描き手である中村美遥さんからでした。ワオ。渡りに船とばかりに「犬を絵本にしませんか?」とお返事を書いているわたしがいました……。

というのが

 この絵本のはじまりです。そこから中村さんと打ち合わせを重ね、ラフを描いていただき、企画が通り、原画を描いていただき……とつづき、デザインを佐藤亜沙美さんにお願いし、図書印刷さんが素敵に印刷してくださって……、ついにできたのがこの絵本です!

犬がふとんをもってきています。おやすみのじゅんびかな……?

とりあえず、1わんこ

いっしょにねられるかな、2わんこ……こんな感じでどんどん犬がふえます。さいごはいくつになるでしょう?

犬はやっぱりかわいい

 いやはや、かわいい絵本になりました。著者の中村美遥さんは、イラストレーターになってからずっとこの「犬」を描きつづけています。広告のアニメーションやウェブ連載、バンド、Lucky Kilimanjaroのグッズなどで犬が活躍してきました。InstagramTwitterでも犬をアップされているので、ぜひフォローしてみてください〜!
 

インスタです。犬まみれです!

 
 Suzuriオフィシャルショップではグッズも買えたりします。
 

iPhoneケースや、ぬいぐるみも……ぜんぶ「犬」!

 
 というわけで、「犬」を見かけたら「おっ!あの犬だ……」とぼんやりでも思ってもらえたらうれしいです〜!
 

写真だとわかりづらいんですけど、カバーがプリプリしていてちょうかわいいです。書店でぜひたしかめてみてください

見返しはこんな感じ! デザイナーの佐藤亜沙美さんが「犬」は大きくなってもかわいいんだよね〜と言って大きくしてくださいました

(編集部・秋重)

この記事に出てきた本

バックナンバー

今日の1さつ

「こんにちは」のあいさつも自然と覚え、赤・緑・青の子どもたちの目に入りやすい色を使っているのもとてもよかったので一目ぼれで購入しました。雪の降る頃子どもたちと一緒に読みます(保育士より)

pickup

new!新しい記事を読む