icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_hatena_01 icon_line_01 icon_pocket_01 icon_arrow_01_r

編集部だより

ボローニャのブックフェアに行ってきた!

 こんにちは。すっかり春ですね。今年は満開の桜を見られなかった編集部の藤田です。なぜなら私は4月1日から5日まで、イタリアのボローニャへ行っていたからです。
 ボローニャでは毎年この時期に世界最大の子どもの本の見本市「Bologna Children’s Book Fair」が開かれます。今年で56回目。
 今回はそのレポートです。
 
大勢のひとでにぎわう会場のようす
 
 このボローニャのブックフェアでは、なにが行われているのかというと…
 
 ・ビジネスとして→世界じゅうの出版社が版権の売買をする。
 ・お祭りとして→ボローニャ・ラガッツィ賞(すぐれた絵本に贈られる賞)や、リンドグレーン記念文学賞の発表がある
 ・イラストレーターや作家をめざす人→出版社に直接じぶんの作品の売りこみをする
 
 こういったことが、広大な展示場で、熱気をもってくりひろげられます。出展は98の国や地域から1200社、期間中に訪れる人はなんと2万5000人! 
 
 私はもちろん仕事なので、40社ほどの世界各国の出版社をまわって、イチオシの新刊などを見せてもらいます。
 
ミーティングのようす。机をかこんで本をみている
 
 これは私がスペイン・バルセロナの出版社とミーティングしているところです。担当の方はベネズエラご出身。こうして世界じゅうの人に出会い、情報交換ができるのも、ボローニャ・ブックフェアの魅力です。
 
 今年のリンドグレーン賞は、ベルギーの作家バルト・ムイヤールトさんが受賞なさいました。発表の会場は超満員です。
 
リンドグレーン賞授賞式。手前に聴衆、奥にスクリーン。
 
 こちらは、世界じゅうのイラストレーターさんたちが自分の作品を貼り付ける壁です。連絡先が切り取れるようになっていて、世界じゅうから集まる出版関係者にアピールできます。
 壁一面にイラストレーターさんのチラシがはってある。それを見る人
 
 こちらでは編集者に作品を見てもらおうと、出版社のブースにイラストレーターさんの長い列ができています。これもボローニャならではの光景ですね。
 イラストレーターが列をつくっている
 
 すごい熱気!
 
 イタリア北部にあるボローニャは、ヨーロッパで最古の大学であるボローニャ大学などもあり(コペルニクスやガリレオ・ガリレイもここの学生だった!)、歴史のある美しい町です。そんなこともあいまって、このブックフェアは、いちど行くと本当にとりこになってしまいます。
 ボローニャの街並み。奥に高く細長い塔がみえる。手前におしゃれな女性2人組
 
 子どもの本に関わっていらっしゃる方、子どもの本に興味を持っている方は、ぜひいちど行ってみてはいかがでしょうか。刺激になること、まちがいなし! です。
 それではまた!
(編集部 藤田)

バックナンバー

今日の1さつ

絵本で興味が出た事がそのまま勉強という形になる事がスゴイと思いました。絵のタッチもかわいい、なじみのある絵本のキャラクターなので、手に取りやすいと思います。(4歳・ご家族より)

pickup

new!新しい記事を読む