icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_hatena_01 icon_line_01 icon_pocket_01 icon_arrow_01_r

今週のおすすめ

失敗しても大丈夫。カバくんの気がぬけた顔にいやされる『ぼちぼちいこか』

新しい環境にとびこむと、どうしても肩ひじを張って、気づかぬうちに疲れがたまっているものです。そんな、がんばるあなたに読んでほしい1冊『ぼちぼちいこか』(マイク・セイラー 作/ロバート・グロスマン 絵/今江祥智 訳)をご紹介します。

いろいろな職業にチャレンジするカバくん! でも結果は……

 主人公は、ずんぐりむっくり、のんびり顔のカバくん。ある日、カバくんはがぜんやる気を出し、将来の職業を探しはじめます。

 「ぼく、しょうぼうしになれるやろか。」と、火事場に出動! すると……

 はしごがカバくんの体重を支えきれず……「なれへんかったわ。」

 「ふなのりは どうやろか。」とボートに乗り込むと……ボートがしずんで「どうも こうも あらへん。」

 その後もカバくんは、パイロット、バレリーナ、ピアニスト……といろいろな職業にチャレンジします! が、そのずっしりとした体型ゆえ、どれもこれも失敗に終わってしまいます。

 最後のページでは、ハンモックにゆられながら一言、「ま、ぼちぼちいこか––––ということや」。

大阪弁の翻訳が楽しい!

 なんといってもおもしろいのは、アメリカの絵本が、コッテコテの大阪弁で翻訳されていること! 訳者の今江祥智さんはこのように話しています。

書斎の棚で毎日のように見かけては、「やあ!」とか「オハヨ」とか「お元気ですやろか?」などと呼びかけているうちに––––カバくんがどうやら、大阪育ちみたいな顔に見えてきてしまい––––いざ訳そうとすると、大阪弁でしか訳せませんでした。

(『英語でもよめるぼちぼちいこか』カバー袖の文章から)

 一度読むと、ほかの言葉は考えられないほど、カバくんと大阪弁がしっくりくるのがふしぎ。大阪弁の陽気な雰囲気が、カバくんの性格と合っているのかもしれません。

 ちなみに原書の本文では、“Can a hippopotamus be a〜?” “No!”のセリフが繰り返され、ページをめくるごとに”No!”の文字がどんどん大きくなるという、日本語版にはないおかしみが楽しめます。原文を楽しみたい方は『英語でもよめる ぼちぼちいこか』をどうぞ。

 失敗しても落ちこまず、次つぎにあたらしいことにチャレンジするカバくん。そして、どれもこれもうまくいかなかったら、いったん休憩して「ぼちぼちいこか」と言ってくれるカバくん。「何かしなきゃ!」「ちゃんとしなきゃ!」と気がはっている心を、やさしくときほぐしてくれる1冊です。

この記事に出てきた本

バックナンバー

今日の1さつ

何度も「読んで」と持ってきます。内容もよくてこれから幼稚園に通いはじめる息子にピッタリでした。1人ぼっちはさびしいこと、困っているお友だちがいたら助けること、みんな仲良しでいることが楽しく幸せなこと、いろいろ話しながら読んでいけたらいいなと思います。(3歳・お母さまより)

pickup

new!新しい記事を読む