icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_hatena_01 icon_line_01 icon_pocket_01 icon_arrow_01_r

今週のおすすめ

「なかまとちがっても なんとかうまく 生きていった」動物たちの短編集『しまのないトラ』

寅年に読みたい短編集『しまのないトラ』(斉藤 洋 作/廣川沙映子 絵)をご紹介します。サブタイトルは「なかまとちがってもなんとかうまく生きていったどうぶつたちの話」。5つのお話が入っていて、主人公はみな、仲間と少しちがったところがある動物たちです。今回は、表題作「しまのないトラ」のお話をご紹介しましょう。

しま模様がないせいで、狩りが苦手なトラは……

 舞台は、インドのずっと西の方にある、うっそうとしげったジャングル。そこに住むトラたちは、木々や茂みにかくれながら、抜き足差し足、獲物に忍び寄って狩りをするのが得意です。体のしま模様が、うまく木々の中にトラたちを隠してくれるからです。

 一方、獲物を獲らずに、沼の水を飲んだり、バナナを食べたりして、すきっ腹を満たしているトラが1匹いました。そのトラは、体のしま模様がなく、うまく狩りをすることができないのでした。そのせいで、いつも周りのトラたちにからかわれています。

 「なんでぼくには、黒いしまがないんだろう。黒いしまさえあれば、もっとじょうずにかくれることができて、たくさんえものをとることができるのになあ……。」

 ある日、そうつぶやいたしまのないトラのもとに現れたのは、1羽のワシでした。「なんだってまあ、そうやってウジウジしてるのかね。そんなこったから、みんなにばかにされるんだ。(中略)まあ、そこで見ていろ。」

 そう言うと、いきなりある1羽の鳥めがけてぐんぐんと空高く舞い上がり、見えなくなってしまいました。しばらくして戻ってきたワシの足には、見事に獲物がかかっていました。

 「おれからのプレゼントだ。それをくいながら、いま見たことをおもいだして、おまえがどうするべきか、よくかんがえるんだな。」

 ワシは、どこかにかくれながら獲物をとったわけではありません。獲物からワシのすがたはよく見えていたはず……それなのに、ワシにつかまってしまいました。さて、しまのないトラが、ワシから得た狩りのヒントとはなんだったのでしょうか。

仲間とちがっても、アイデアや努力で自分の生き方を見つける動物たち

 この本には、ほかに「つのがないバイソン」「しっぽのみじかいマングース」「足のあるヘビ」「八本足のイカと十本足のタコ」と、少し変わった体の特徴をもった動物たちが主人公のお話が収録されています。どの動物も、アイデアや努力、勇気などによって、最後には、自分らしい生き方を見つけます。

 作者の前書きには、こう書かれています。

もし、あなたが、ともだちやなかまとちょっとちがうところがあって、そのことでこまっているなら、この五つの話をよんでください。また、もし、ともだちやなかまとちがうところがあなたのじまんなら、やっぱりこの五つの話をよんでみてください。

それから、だれかがあなたとちがうところがあって、そのことがどうしても気にいらなければ、そういうあなたにも、やはりこの五つの話をよんでほしいとおもいます。

 ハッとした方は、ぜひお手にとってみてください。きっとこわばった気持ちがほぐれて、少し気楽になれるはずです。

この記事に出てきた本

バックナンバー

今日の1さつ

絵本に見向きもしない息子が初めて私の読み聞かせを楽しく聴いてくれました。この作品の息子の特に好きなポイントは、本物のルンバなどと同じように充電のために所定の位置におさまる所、コンセントがつながっているところ、犬のロボットにタイヤがついているところです。(3歳・お母さまより)

pickup

new!新しい記事を読む