icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_hatena_01 icon_line_01 icon_pocket_01 icon_arrow_01_r

今週のおすすめ

親子で知る季節感のある暮らしと遊び。イラスト豊富な歳時記『きょうは なにして 遊ぶ? 季節のこよみ』

春、夏、秋、冬––––日本は季節のうつりかわりがうつくしく、あざやかな国。季節をとらえた知恵や慣習、行事が、昔から多くいまに伝わります。『季節のこよみ きょうはなにして遊ぶ?』は、イラストレーターでエッセイストの平野恵理子さんが、1年を季節ごとにめぐりながら、親子で楽しめる遊びも紹介する本。一家に1冊おいておきたい、やさしい歳時記です。


季節ごとに開いて、行事や遊びを知ろう!

 ページは大きく春夏秋冬の4つの季節に分かれています。春なら「ひなまつり」「花かんむり」、夏なら「お盆」「七夕」「暑気払い」、秋は「お月見」「秋に鳴く虫」、冬は「鏡開き」など、さまざまなテーマで季節の暮らしを紹介していきます。

 さっそくいくつかみていきましょう。まずは、夏の項目。「お盆」のページでは、お盆行事の意味や、お盆に行うことなどを解説しながら、「精霊馬」の作り方も紹介。

ほかにも「夏のつめたい食べもの」で冷やし白玉の作り方、「七夕」で七夕飾りの作り方を紹介するなど、行事ごとに親子でできる小さな遊びがたくさん!

 秋の項目では、「秋に鳴く虫」の名前と鳴き声、飼い方がわかります。「虫の声」として聞くのと「あ、これはスズムシだな、コオロギだな」と思いながら聞くのとでは、虫の大合唱にもちがう耳のかたむけ方ができますね。

「紅葉と落ち葉」では、葉っぱをつかった押し葉や、鉛筆と紙だけあればできる簡単な遊びを紹介しています。どれもその季節だからこそ楽しめることばかりです。

こよみを意識すると、毎日がもっと楽しい!

 いま過ごしている季節のページを開くのでも、そうではないところを開くのでも、読み方は自由です。耳にしたことがあっても、くわしく考えたことのなかった行事の意味を知ったり、1年中スーパーなどでみかける野菜や果物が「この季節のものだったんだ!」と知ったり、たくさんの発見があると思います。ぜひページを開いて、ゆっくりとまわりの景色をみわたしてみてください。なんとなく日々を過ごしていると、通り過ぎて行ってしまうことも「季節を感じる」ことを意識すると、新鮮な気づきがたくさんあるはずです。

 たとえば、お彼岸だから「おはぎ」をお土産にもっていったり、6月になったからと梅をつけ始めたり……家族や友人にもちょっとその「季節」をおすそわけするとまたこよみを楽しむ輪も広がっていきますね。

 最後のページには「暦の話」として、新暦と旧暦の違いや、十二支、和風月名などについても解説しています。気軽に手にとれる軽いソフトカバーで、ふと思ったときにすぐにとりだせる、うれしいサイズです。

 親子でいっしょに便利に楽しく使える、歳時記。1家に1冊、いかがですか?

この記事に出てきた本

バックナンバー

今日の1さつ

姪の子供から借りて読み始めたらおもしろくって、もうすぐ70歳の私もすっかりはまってしまいました。我が孫たちに読ませようとさっそく全巻購入しました。春に他県から越してくる孫たちと共通の話題で盛り上がりそうです。ババ仲間にも口コミしています。ちなみに紅子さんは渡辺直美さんをイメージしてしまいます。(読者の方より)

pickup

new!新しい記事を読む