icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_hatena_01 icon_line_01 icon_pocket_01 icon_arrow_01_r

今週のおすすめ

子どもの妖怪だけの「百鬼夜行」! 石黒亜矢子さんのポップでキュートな妖怪絵本『おろろん おろろん』

妖怪たちがあつまって、深夜にあたりを行進する「百鬼夜行」。子どもの妖怪たちも参加したいのに、「こどもは だめだめ」と置いていかれて……?
「妖怪」ときくとちょっぴり怖いけれど、この妖怪たちはかわいくって愛らしい! きょうは、夏の読み聞かせにもぴったり、石黒亜矢子さんが描く新しい妖怪絵本『おろろん おろろん』をご紹介します。


「こよいは おろろんじゃ」大人の妖怪たちが“おろろん”に出かけてしまい……

 「ははさま どこいくの」
ある夜、妖怪・しこの子どもがお母さんに聞くと、
「こよいは おろろんじゃ」
おめかししたお母さんは、仲間の大人の妖怪たちと、“おろろん”に出かけていってしまいます。
「いきたいなあ」
「いいなあ」
「こどもは だめだめ」


 あーあ。がっかりした子どもたちでしたが、いいことを思いつきました! 子どもだけで、“おろろん”を決行するのです!

子どもだけで出かけちゃおう! 「これが わしらの おろろんじゃ」

 それっとばかりに声をかけると、こんなにたくさんの妖怪の子どもたちが集まりました! みんな早く出発したくて、うずうず。


 「おおごえだし隊」「びっくりさせ隊」「踊り隊」など、やりたいこと別のグループをつくって、さあ、れっつごー、おろろんじゃあ!


おろろん おろろん
まっかな つきの よる
おろろん おろろん
まっくら よみち
おろろん おろろん
おばけの こうしん

 みんなは歌いながら、元気よく進んでいき、ここぞとばかりに大さわぎ。めいっぱい遊びまわります。


 ところが、ふと気づくと、あれあれ? ここはどこでしょう……。道がわからなくなってしまいました。

「おかあに あいたい」
「ちゃんと るすばん してれば よかった」
「こわいよう」
「かえりたいよう」
 
 なにかこわいものに会ってしまったら、どうしよう……。
 すると暗闇に何かが見えました。
「だれか きた!!」


 さあ、子どもたちは、無事におうちへ帰れるのでしょうか?

どの妖怪が好き? じっくり眺めて楽しもう

 大人たちがいない間に、子どもだけでまねをしてやってみよう! という、子どもたちがわくわくすること間違いなしのこのお話。ご紹介したとおり、ドキドキする場面もありますが、最後には「ああよかった!」と安心できるラストが待っています。そんなクラシックなストーリーも、魅力のひとつです。
 

 また、石黒亜矢子さんが描く妖怪たちも注目ポイント。百鬼夜行に登場する古くからの妖怪もいれば、石黒さんオリジナルの妖怪もいますが、どれも子どもということでフォルムが丸っこく、一見ちょっと怖い妖怪も、見ていると愛着が湧いてきます。「どの子が好き?」と、親子で話してみても楽しいかもしれません。


 夏の怖い話に登場することも多い妖怪ですが、この子たちはとてもポップでキュート! 新しいタイプの妖怪絵本です。ぜひ読んでみてくださいね。

 

この記事に出てきた本

バックナンバー

今日の1さつ

保育園で楽しそうにこちらの絵本を見ているときいたので購入しました。今では1ばんのお気に入りの絵本です。歌いながら読み聞かせすると"お腹がペコペコ"とジェスチャーしたり、てをパタパタと蝶のまねをしたり、親子で楽しい時間を過ごしています。土曜日の食べ物がずらりと並ぶところは大興奮です。素敵な絵本をありがとうございます。(1歳・ご家族より)

pickup

new!新しい記事を読む