icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_hatena_01 icon_line_01 icon_pocket_01 icon_arrow_01_r

みんなの研究通信

チームメイトインタビュー 下山田さんってどんな人?

 『女子サッカー選手です。そして、彼女がいます』の著者、下山田志帆さん。サッカーのチームメイトから見たシモ(下山田さんのあだ名)は、どんな人だったのか? 慶應義塾大学のソッカー部、なでしこリーグでいっしょにプレーしてきた野村智美さんに語ってもらいました!

 シモとは大学のときからいっしょにプレーしています。シモはひとつ上なんですけど、体育会の寮にいっしょにすんでいて、先輩後輩みたいな感じではなく、家族のようにわいわい暮らしていました。

 大学でオランダ遠征に行ったとき、相手の選手が私を激しく削ろう(相手の選手にぶつかるときにわざとはげしくあたったり、ときにはケガをさせること)としてきて。そしたらシモが日本語で「てめえふざけんなよ!」って言って守ってくれたことがあるんです。日本語ぜんぜん通じないのに。ありがたく感じつつも「シモそれ通じないから」って爆笑したのを覚えています。めちゃくちゃ熱い選手です。

右が野村さん、左が下山田さん

 私は直接「カミングアウト」はされていないけれど、わかってたし、知っていました。あらためて聞くことでもないなあ、聞いてなにが変わるわけでもないし、と感じていました。
 ウェブの記事で、LGBTQ当事者であることを公表したときは、やっぱりちょっとびっくりしました。ほかの人からの見られ方やふだんの生活が変わってしまうかもしれないのに、勇気を出してやるんだと思って。でも、そうやって公表したことで、パートナーさんとの関係も前より全然オープンにできたし、よかったのかなと思います。

 シモのいちばんすごいなとおもうところは「その人」として見られて、その上で自分の思いを発信できるところ。講演会やSNSで「○○の下山田」とかでなく、いち個人としての考えとか思っていることを「下山田はこう思う」とはっきりいえるところがかっこいい。ふだんぜんぜん思わないのに、そういうときは「先輩!」って思いますね(笑)。

 大学時代の寮生活が楽しすぎたから、ゆくゆくは、おなじマンションにみんなで住んで、またいっしょにすごしたらどうかな? みたいな話をすることもあります。だれかが子どもを産んだりしたら、べらぼうにかわいがりたい、みんなで育てたい、みたいな。何年後になるかわからないけど、そんな夢を話したりしています。これからも長い付き合いになると思うんで、おたがい墓場に行くまでいっしょにいたいですね!

(談 野村智美 サッカー選手/スフィーダ世田谷FC所属)

この記事に出てきた本

関連記事

バックナンバー

今日の1さつ

何度も「読んで」と持ってきます。内容もよくてこれから幼稚園に通いはじめる息子にピッタリでした。1人ぼっちはさびしいこと、困っているお友だちがいたら助けること、みんな仲良しでいることが楽しく幸せなこと、いろいろ話しながら読んでいけたらいいなと思います。(3歳・お母さまより)

pickup

new!新しい記事を読む