icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_hatena_01 icon_line_01 icon_pocket_01 icon_arrow_01_r

今週のおすすめ

どんぐりたちの裁判がユニーク! 宮沢賢治の童話絵本『どんぐりと山猫』

秋が深まると、公園や森の地面に散らばるどんぐりの実。丸いもの、とがったもの、大きいもの、小さいもの……一口にどんぐりといっても、いろんな形のものがありますね。そんなどんぐりたちが、一番を競って言い争う様子をユニークに描くのが、宮沢賢治の童話『どんぐりと山猫』です。今回は、「日本の童話名作選」シリーズで絵本化されたこの作品(高野玲子 絵)をご紹介します。

山猫からのはがきを受け取った一郎は、どんぐりたちの裁判に参加することに!

 お話は、一郎がおかしなはがきを受け取るところからはじまります。そのはがきには、変な言葉づかいと、へたな字で
かねた一郎さま 九月十九日
あなたは、ごきげんよろしいほで、けっこです。
あした、めんどなさいばんしますから、おいで
んなさい。とびどぐもたないでくなさい。
山ねこ 拝
と、書いてありました。
 
 わくわくしながら翌日をむかえた一郎は、家を出て川沿いの小道を上がっていき、木や滝に山猫を見なかったか尋ねながら、教わった方へ向かいます。そして、行き着いた先で山猫と出会った一郎は、その裁判の内容を知ることになります。
 
 それは、どんぐりたちの終わりのない言い合いでした。どんぐりたちは、「まるいのがえらいのです」「大きなことだよ」「せいの高いのだよ」と、どんなどんぐりがえらいかで、もう3日も争っているというのです。仲直りせたい山猫は、いばったり大きな音を出したりして、どんぐりたちをいなすのですが、何度やっても、みんなの意見はまったくまとまりません。


 そんなとき、一郎が山猫に耳打ちしたとあるアドバイスで、山猫はどんぐりたちを黙らせることに成功ます!
 
 いったい一郎は何を耳打ちしたのでしょうか? それは、本を開いて確かめてみてください。
 

ユニークなキャラクターや言い回しに注目! その根底には、宮沢賢治の信条が。

 この本に登場するキャラクターは、みなとても個性的です。
 
 山猫は、騒ぐどんぐりたちの前では、威厳のあるようにふるまいますが、言い合いをやめないどんぐりたちに言うのは、「やかましい。ここをなんとこころえる。しずまれ、しずまれ」「やかましい。ここをなんとこころえる。……」と、同じせりふばかり。どうも、要領があまりよくないようです。また、へんてこな言葉づかいのはがきも気に入っていたよう。「これからは、葉書にかねた一郎どのと書いて、こちらを裁判所としますが、ようございますか」と、次のはがきの文章まで考えています。3日も揉めているどんぐりたちを心配するそぶりを見せる優しさもあります。
 
 主人公の一郎は、はがきをたよりに裁判の場所へたどりつき、的確なアドバイスをするなど、山猫やどんぐりたちとちがって、しっかりもの。でも、はがきを受け取った日には、あまりに嬉しくて眠れなかった、というところを読むと、子どもらしさもうかがえます。
 
 ほかにも、風変わりな見た目だけれど優しい心を持った、山猫の馬車別当(馬車をあつかう係の人)、わあわあと騒ぐおかしなどんぐりたちも、個性が際立ち、短い物語の中でも、それぞれがどんな性格かが伝わってきます。


 このお話は、宮沢賢治の生前に刊行された唯一の童話集『注文の多い料理店』の冒頭に収録されました。平等大切にした彼の考え、ストレートに示された作品とも言われています。童話という親しみやすい形をとることで、その思いを、わたしたちに自然に伝えてくれているのかもしれません。
 
 本文の文章は『宮沢賢治全集』(筑摩書房刊)に収録されているものを底本としています。旧仮名づかいが新仮名づかいにあらためられていて、構成上一部が改行されていますが、そのほかは原文のままです。宮沢賢治の独特の擬音や言い回しも楽しみながら、読んでみてくださいね。

この記事に出てきた本

関連記事

バックナンバー

今日の1さつ

「こんにちは」のあいさつも自然と覚え、赤・緑・青の子どもたちの目に入りやすい色を使っているのもとてもよかったので一目ぼれで購入しました。雪の降る頃子どもたちと一緒に読みます(保育士より)

pickup

new!新しい記事を読む