icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_hatena_01 icon_line_01 icon_pocket_01 icon_arrow_01_r

今週のおすすめ

「ゆるせないーーーー!」ぬいぐるみがお留守番中に大あばれ!愛すべきキャラクター『ほげちゃん』

みなさんのおうちにお気に入りのぬいぐるみはいますか? 『ほげちゃん』にはじまるこのシリーズは、くまのぬいぐるみ「ほげちゃん」が主人公。何をするにも小さなゆうちゃんと一緒で汚れ放題のほげちゃん、ある日「汚いから」とおでかけに連れて行ってもらえず、おさえていた感情が……プチン!


こんなに怒るぬいぐるみ、みたことない!

 第1作目の『ほげちゃん』は2011年に発売。“ぶさかわ“な見た目と、怒りバクハツ!のシーンで、多くのほげちゃんファンを生み出しました。

 小さなゆうちゃんのおうちに贈り物としてやってきたほげちゃん。「あれれ。へんなかおだなあ」なんてお父さんに言われてしまいますが、ゆうちゃんは気に入って、何をするのも一緒。いつの間にか家族の一員のようになっています。でも、ゆうちゃんになめられたり、ケチャップがついたりして、ほげちゃんは汚れ放題に……。ある日「あらってなくてきたないから」とおでかけの日に、おいてけぼりにされると……

「ゆるせないーーー!」ほげちゃんの我慢の限界がやってきます!

 大暴れするほげちゃんと、そのあとの大惨事のシーンは、読み聞かせ会などで大盛り上がり。最後には、家族のあたたかさも感じられて、ほげちゃんといっしょに「今日はなんだか楽しかった」とつぶやきたくなる絵本です。

 裏の見返し(裏の表紙を開いたところ)には、「ほげちゃん」のぬいぐるみの型紙も掲載されています。ぜひご家庭でもmyほげちゃんをつくってみてくださいね。

全部で4作の「ほげちゃん」シリーズ

 『ほげちゃん』は、この秋(2020年10月)に発売されたばかりの『ほげちゃんとおともだち』をふくめて、全部で4作のシリーズです。

2作目『ほげちゃんまいごになる』。家族と動物園へでかけたほげちゃん。くまの親子に気を取られているうちに、迷子になってしまいます。家族を探して、地面をはったり、空をとんだりの大冒険。無事にゆうちゃんのもとに帰れるのでしょうか? 

3作目『ほげちゃんとこいぬのペロ』。ゆうちゃんのおうちでこいぬのペロを預かることになりました。ペロに夢中の家族にほったらかしにされたほげちゃんは、おもしろくありません。みんなが寝静まった後「ちやほやされて、いいきに なるなよ!」とペロに食ってかかりますが……あれよあれよという間に一晩中面倒をみることに!?

 最新刊『ほげちゃんとおともだち』。ゆうちゃんに初めてできたお友だちの家にあそびにいったほげちゃん。みんなが外へでかけたあと、その家のおもちゃたちにちょっかいを出しはじめます。はじめは清く正しく、されるがままにしていたおもちゃたちでしたが……エスカレートするほげちゃんのいたずらに、お姫さまが「きんきゅうじたい」を発令! 盛大なおいかけっこが始まります! 

 怒ったり、やきもちをやいたり、ふとしたことで、すぐに楽しい気分になったり……自分の感情にまっすぐなほげちゃん。たくさん笑って、途中ハラハラして、最後はほっこり。おうちでの読み聞かせにも、大勢での読み聞かせにもぴったりの作品です!

#うちのほげちゃんキャンペーン開催中!

新刊『ほげちゃんとおともだち』の発売を記念して、SNSプレゼントキャンペーンを開催中です。

手作りほげちゃんの写真を #うちのほげちゃん とともにTwitter、Instagramにアップいただいた方の中から16名様に、原画をふくむ豪華な賞品をプレゼントします!

くわしいキャンペーンの内容は、こちらをご覧ください。
https://www.kaiseisha.co.jp/news/27183

応募期間:2020年9月28日(月)〜12月25日(金)】

バックナンバー

今日の1さつ

バス好きの子なので、バスのタイトルにひかれ手にしました。「ピンポン」とバスの案内で子どもがあきずに最後までくいついてみていました。絵も都会の景色から田舎の景色へとかわり、最後の山の影を走るバスと夕やけの姿が印象的で好きです。(3歳・ご家族より)

pickup

new!新しい記事を読む