icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_hatena_01 icon_line_01 icon_pocket_01 icon_arrow_01_r

今週のおすすめ

『うつくしい絵』に続く、かこさとしさんによる美術の入門絵本『すばらしい彫刻』

かこさとしさんが自ら望んで企画した、美術の入門絵本『うつくしい絵』。名画の美しさや作者の背景を紹介するこの絵本の、第2弾として企画されたのが、彫刻をテーマにした『すばらしい彫刻』です。


彫刻には、どんな歴史がある? そのすばらしさとは?

 彫刻の歴史をかこさとしさんがやさしい言葉で解説するこの絵本には、まずこのようなことが書いてあります。
 
彫刻は立体的ですから、絵よりもいっそう実物に似せて作ることができます。
けれども実物にそっくりな彫刻ほど、すばらしい彫刻というわけではありません。
また神さまのように、実物をみることができないものもあります。
いったい彫刻家たちは、どのようにしてすばらしい彫刻を作ったのでしょうか?
 
 そして、紀元前2600年ごろのエジプトの王たちにはじまり、紀元前440年ころのギリシアの神殿の彫刻、ミロのビーナスなどの、各地でつくられたビーナスの彫刻……と、世界各国の彫刻の歴史が紹介されていきます。

日本の日光菩薩・月光菩薩、阿修羅像も登場します

 その1つ1つの彫刻について、かこさんならではの誰にでもわかりやすい言葉で、どのような部分が彫刻として「すばらしい」のかを、具体的に教えてくれます。 
 
 たとえば、ロダンの「考える人」。深く物思いに沈む様子が伝わってくるこの彫刻には、実はひみつがあります。


それは、「実際にとるのはむずかしいポーズをしている」こと! よく見ると顔に添えられた右手のひじが、右ひざではなく、左のひざについています。

 実際にこのポーズをとってみると、むずかしい上に不自然です。しかしロダンは、人間の深い悩みが伝わるこのポーズを採用ましたあえて実際と異なる表現をしたことで、「考える人」は、よりすばらしい彫刻になったのです。
 
 こうしたかこさん楽しくやさしい解説で、作品に親近感がわき、自然に彫刻のおもしろさにふれることができます。


実物にそっくりな彫刻が、すばらしい彫刻というわけではない。かこさんからのメッセージとは?

 世界のさまざまな「すばらしい彫刻」の紹介のあと、最後にかこさんはこのように書いています。
わたしたちも きているものや ことばや うわべの きれいさではなく、すばらしい彫刻のように かたちや すがたの なかにある たいせつなものを、いつまでも おいもとめてゆきたいと おもいます。
 彫刻の知識がつく美術の本であると同時に、「美術のすばらしさ・うつくしさとは?」を教えてくれるこの絵本。絵画をテーマにした『うつくしい絵』とともに、ぜひお手にとってみてくださいね。

 

この記事に出てきた本

関連記事

バックナンバー

今日の1さつ

もう40年近くも昔、私が小学生の時、担任の先生がこの本を使っており、私たちは呪文のように唱えながら楽しんで漢字を覚えました。現在私は教師となり、肢体不自由で書字が困難な児童を受け持っています。この本のことを思い出し、書店で探しましたが、まだ出版されていてよかった!!書けなくても楽しく漢字を学ぶことができます。永遠のベストセラーです!!(47歳)

pickup

new!新しい記事を読む