icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_hatena_01 icon_line_01 icon_pocket_01 icon_arrow_01_r

今週のおすすめ

それぞれの夜、空には同じ月が浮かぶ。『きょうはそらにまるいつき』

楽しかった日、へとへとに疲れた日。人はみんなそれぞれ違う気持ちで1日を終えますが夜、見上げた空に浮かぶ月は同じです。とりわけ、満月を見ると、なんだか心がポッとあたたかくなりますよね。そんな月の存在をやさしく描き出すのが、荒井良二さんの『きょうはそらにまるいつき』です。

それぞれの場所から見上げる、「ごほうびのような おつきさま」

 この絵本では、さまざまな人や動物が、とある満月の夜を過ごす様子を描くことで月の下でみんながゆるやかにつながっている様子を、やさしく示します
 
 まず、ページをめくるとあらわれるのは、公園の場面。ベビーカーに乗ったあかちゃんが空を見ています。
 
あかちゃんが そらを みています
きょうは そらに まるいつき



 次の場面は街の中。バレエの練習の帰り道、バスに乗り込んだ女の子は、窓越しに同じまるい月を見上げます。窓の外には、さっきのあかちゃんが乗ったベビーカーを押すお母さんの姿があります。
 
バレエの れんしゅうが おわって
おんなのこが バスで かえります
 
きょうは そらに まるいつき

 同じころ、どこかの山では、クマの親子の帰り道の夜空にも、まるい月。街では、先ほど女の子を乗せたバスが、今度は買い物から帰る男の子を乗せて、月の下を走ります。はじめに公園でベビーカーに乗っていたあかちゃんは家に着き、今度はお部屋の中から、窓の外の同じ月を見上げます
 
みんなが そらを みています
きょうは そらに まるいつき

  みんなの、それぞれの夜に浮かぶ、まるい月。それは、「ごほうびのような おつきさま」です。
 

「なんだか夢をみているような、不思議な感覚になる」愛読者はがきの声

 しずかであたたかいこの絵本には、たくさんの愛読者はがきが寄せられています。
 
「特にストーリーがあるわけではないのですが、全てのページがお月さまを介してひとつの世界になっていて、なんだか夢をみているような、不思議な感覚になる内容でした。」
 
心があたたかくなって、優しい気持ちになれるすてきな絵本です。絵も色あいも、ことばもみんな大好きです。」
 
「荒井良二さんの絵本は、自分の中にずっとあったのに気付かず、閉じたままになっていた扉をパーっと開けてくれる、そんな清々しさがあります。」
 
 荒井さんならではの、シンプルでまっすぐ心に届く文章と、深みのあるカラフルな絵がおりなす、美しい一冊です。おだやかに過ごしたい夜、ゆっくりひらいてみてください。


対になる絵本『あさになったのでまどをあけますよ』も!

 2016年に発売した『きょうはそらにまるいつき』と対のような絵本、2011年、荒井さんが東日本大震災の被災地に通ったあとで手がけた絵本『あさになったのでまどをあけますよ』です。
 
 山にかこまれた家で、海の見える家で、ビルが立ち並ぶ街の家で、みんなが朝を迎えてまどをあけるこの絵本は、なにげない1日のはじまりから、生きることのよろこびを描き出しています。『きょうはそらにまるいつき』と合わせて、ぜひお手にとってみてくださいね。


この記事に出てきた本

バックナンバー

今日の1さつ

日常生活の中でよく目にする物ばかりが登場し、音葉の音が楽しく、娘も喜んで見ています。絵本を読む親子のひとときに、とても楽しませてもらっています!!娘の喜ぶ顔を見られて、とても幸せです♡(0歳・お母さまより)

pickup

new!新しい記事を読む