icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_hatena_01 icon_line_01 icon_pocket_01 icon_arrow_01_r

今週のおすすめ

子どもたちが語り始める、それぞれが胸に秘めていたふしぎな体験。岡田淳さん『雨やどりはすべり台の下で』

突然の雨に、屋根の下でさまざまな人と一緒になって雨やどりをすること、ありますよね。そこにはふしぎな一体感が漂って、人との距離が近づくような感覚があります。
今回ご紹介する『雨やどりはすべり台の下で』(岡田 淳 作/伊勢英子 絵)では、同じ団地に住む子どもたちが雨やどりをします。顔見知り程度だった彼らは、これまで人に話していなかったふしぎな体験について順に語り始めます。それはみんな、共通の人物にまつわる話でした。
 

雨森さんが傘をさしたとたん、雨が降り出した!

 小学6年生の一郎は、「グループ登校のメンバーで遊ぶこと」という夏休みの宿題をこなすため、同じ団地「スカイハイマンション」に住む小学2年生から6年生までの登校メンバーと、助っ人の中学1年の照夫、転校してきたばかりの恭子と集まりました。ぜんぶで10人です。
 
 性別も学年もバラバラなために苦労しながらも、みんなは野球をはじめます。だんだん調子がでてきたころ、公園に1人の男の人が現れました。201号室に住む雨森さんです。
 
 雨森さんは、年齢60歳くらい。長身、面長で眼鏡をかけ、いつでも黒っぽい服を着て、パイプをくわえ、首をちょっと前にかしげていて、ひとづきあいはしない、ふしぎな雰囲気をまとった人です。
 

 雨森さんは、みんなが野球をやっているのをまったく気にしないように、公園を横切って歩いてきて、みんなの真ん中で、持っていた傘をさしました。
 
 するとふしぎなことに、突然雨が降り出しました! 雨森さんは、そのまま傘をさして去っていきましたが、傘のない子どもたちは、公園にあるおおきなすべり台の下のトンネルにかけこみます。

子どもたちが順番に語る、雨森さんとのふしぎな思い出

 雨森さんが傘をさしたとたん、雨が降り出した……。このふしぎな出来事に、一郎は言いました。
「見ただろ、みんな。この雨、雨森さんがふらせたんだ。そうさ。あのひと、やっぱり魔法つかいなんだよ。」
つづいて、団地の管理人の家の子である小学5年生の勝治が言いました。
「雨森さん……今晩、ひっこすんだよ。」
へえー、とみんなはおどろき、トンネルから団地を見上げます。
 


 すると、照夫が口をひらきました。実は照夫は、ある出来事から、一郎と同じように、雨森さんは魔法つかいなのではないか、と思っていたのだといいます。そして、そう思うようになったふしぎな体験を語り始めました。

 照夫が語ったのは、この団地に引っ越してきて、前いた場所を恋しく思っていたころの思い出でした。
 
 506号室のベランダで、「前に住んでいたところのほうが……」と考えていたとき、照夫の耳に、「ここだって、わるくはないぞ。」と語りかけてくる声が聞こえました。まわりには誰もいないはずなのに……。照夫がきょろきょろすると、前の公園のベンチに座っている雨森さんの姿が見えました。なんと雨森さんの声が、5階にいる照夫の耳に、はっきりと聞こえてきていたのです。雨森さんは照夫に、夜、公園のすべり台の上に行くように伝えます。


 照夫がその日の夜、言われた通り公園のすべり台の上へ行くと、そこにはさらにふしぎなことが待っていました。でも、それが本当にあったこととはとても思えなかったので、照夫はこれまで誰にも話すことなく、胸にしまっておいたのでした。
 
 さて、照夫が話し終えると、一郎が口をひらきました。
「照ちゃんが話してくれたから、おれもはなすけどさ……。ほんとは、だれにもいわないでおこうと思ってたんだけど……」
そう、一郎にも、雨森さんにまつわるふしぎな出来事が起こっていたのです。そしてそれは、他のみんなも同じでした。みんなは順番に、雨森さんとの思い出を語り始めます。
 
 その時間は、みんなが雨森さんのことを知っていくと同時に、お互いのことをよくわかっていくひとときになりま

子どもたちと読者の心に残るふしぎな存在

 子どもたちが語る思い出は、どれも半分本当のようで半分夢のような、ふしぎなものばかりです。それぞれとの間に思い出があり、でもふだんはひとづきあいをしない、掴みどころのない雨森さん。けれど、それぞれの心の中に、それぞれの雨森さんの存在は残り続けるのです。
 
 最後、雨森さんのためにみんなが用意した、粋なお別れのシーンには、胸がじんとあつくなります。
 
 雨やどりの時の、しっとりとした気配が伝わってくるような一冊です。雨の日のお供に、ぜひひらいてみてください。

この記事に出てきた本

バックナンバー

今日の1さつ

小学校低学年での読み聞かせの本を探していてみつけました。以前に作りかけの木の家をみせてもらって、憧れたことがあり、手にとりました。子供たちに読むのを楽しみにしています。あのツリーハウスは完成したのかしらと思ったりしています。(70代)

pickup

new!新しい記事を読む