icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_hatena_01 icon_line_01 icon_pocket_01 icon_arrow_01_r

今週のおすすめ

毎回巻き起こる小さな事件と謎ときが楽しい!「もりはおもしろランド」

「もりはおもしろランド」シリーズ(舟崎靖子 作/舟崎克彦、奈良坂智子 絵)は、森の動物たちが開くお店やさんを舞台にした幼年童話です。毎回ちがうお店の動物が主人公となり、お店で巻き起こるゆかいなできごとが描かれます。


お誕生日につくってくれる「あなたの かたちの ケーキ」が人気! 「もりのおかしやさん」

 表紙をめくると、森の地図があらわれます。いたちのおかしや、たぬきのおもちゃや、いのししのぎんこう……など、お店がたくさん並びます。この森の中のできごとが、1冊ずつお話になっているのですが、今回はシリーズ2作目『もりのおかしやさん』のお話を少しご紹介しましょう。

 いたちさんは、森の楓の木の下で、ちいさなお菓子屋さんを開いています。お店には、焼きたてパンや、つくりたてのおいしそうなお菓子が並びますが、一番の人気商品は「あなたのかたちのケーキ」。森の仲間たちは、自分の誕生日が近くなると、いたちさんのお店にやってきて、自分のかたちのケーキを注文するのです。

 まずやってきたのはかえるさん。いたちさんは、ケーキを作っているときにかえるさんの姿を思い出せるように、その場でかえるさんのかたちを描きとめておきました。

 お誕生日当日、できあがったのは、ハッカがたっぷり入ったみどり色のケーキ! お店の前にかざられたケーキを見た森の仲間たちは、かえるさんのもとにお祝いにかけつけました。

 ほかにも、光に当たると虹色にかがやくとかげさんのケーキ、ふわふわと風にゆれるうさぎさんのケーキ、とげの1本1本をチョコレートでつくったはりねずみさんのケーキなど、いたちさんは毎回工夫をこらして、森のみんなのお誕生日ケーキづくりにはげみます。

差出人不明の手紙には、ケーキの注文が。いったい、どんなかたちのケーキをつくればいいのでしょう?

 ある日のこと。こんな手紙が届きました。

「こんな かたちの ケーキを つくって ください。おおきな ながしかく ひとつ。ちいさな ながしかく いつつ。おおきな まる ひとつ。……みっか たったら とりにいきます。さようなら」

 いたちさんは、誰のかたちのケーキをつくったらいいかわからず、頭を悩ませます。約束の3日後までに、いたちさんはケーキを完成させることができるのでしょうか? そして、これはいったい、誰のかたちのケーキだったのでしょうか?

毎回巻き起こる、小さな事件と謎ときが楽しい

 毎回、主人公のお店に小さな事件が巻き起こるのが、本シリーズのみどころのひとつです。たとえば、やまあらしのレストランが、なぞなぞのような地図をたよりにカレーの配達をしたり、ねずみの歯医者さんの入れ歯がなくなって行方を探したり……。

 全ページにかわいいカラーの挿絵が描かれているので、はじめて自分で読む本としてもおすすめです! 皆さんも動物たちと一緒に悩みながら、ぜひ謎を解決してみてください。

この記事に出てきた本

バックナンバー

今日の1さつ

日常生活の中でよく目にする物ばかりが登場し、音葉の音が楽しく、娘も喜んで見ています。絵本を読む親子のひとときに、とても楽しませてもらっています!!娘の喜ぶ顔を見られて、とても幸せです♡(0歳・お母さまより)

pickup

new!新しい記事を読む