icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_hatena_01 icon_line_01 icon_pocket_01 icon_arrow_01_r

今週のおすすめ

古い型のロボットの運命は……?『おそうじロボットのキュキュ』

人間のかわりに掃除したり、力仕事をしたり……今や、生活の中でロボットが活躍する時代。そんなロボットたちがくらす町があったら、どんな様子だと思いますか
『おそうじロボットのキュキュ』(こもりまこと 作)の舞台は、まさにそんなロボットの町。古い型のおそうじロボット、キュキュが主人公のお話です。

キュキュは、自販機コーナーではたらくお掃除ロボット! ある日、雨がふってきて……

 大きな都会の一角にある、ロボットがくらす町。そこに、ロボットたちがひと息ついて元気をつける自販機コーナー、「キングドリンク・ショップ」があります。
 

 そこにいるのが、おそうじロボットのキュキュ。古い型で、うごくたびにキュキュ キュキュと音がするので、みんなからキュキュと呼ばれているのです。

ごみばこの役目もしています。目のところから、空き缶をいれます。

 朝はやくから道のそうじをし、自販機ロボットたちをきれいにし、商品を追加して……。キュキュは毎日大忙しです。
 
 そんなある日、つよい雨がふってきました。古いせいで雨に弱いキュキュは、けんめいに仕事をつづけますが、ついに……ゴットーン! 動かなくなってしまいました。

 故障してしまったキュキュは、トラックにのせられて、どこかに運ばれていきました。キュキュは一体どうなってしまうのでしょうか? そしてキュキュのいないキング・ドリンクショップは、どうなるのでしょう
 

さまざまなロボットたちにも注目!

 作者のこもりまことさんは、車をテーマに、絵本やイラストレーションなどで活躍されてきましたが、若いころからロボットにも強い関心があり、さまざまな姿形できたそうです。
 その経験は本作にもいかされ、キュキュの相棒のような犬ロボット・ションや、ハチと人の中間のような姿のロボット・ビーなど、見るもユニークなロボットたちがたくさん登場します。自販機の前を行き来するロボットたちを、じっくり観察するのもおもしろいですよ!
 

  ロボットたちのくらしを、ぜひのぞいてみてくださいね。

この記事に出てきた本

バックナンバー

今日の1さつ

課題図書だったのをきっかけに読ませていただきましたが、いぬが好きだったことやぬいぐるみがいぬの世話をするというところなどが子どもの心をつかみ、何度も何度も読み返していました。(7歳・お母さまより)

pickup

new!新しい記事を読む