icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_hatena_01 icon_line_01 icon_pocket_01 icon_arrow_01_r

今週のおすすめ

入園・入学の季節に。『シロクマくつや ちいさなちいさなうわぐつ』

春が近づくある日、シロクマ靴屋に舞いこんできたのは、ちょっと変わった注文でした。
かわいさいっぱい! 新しい季節を迎えるワクワクやドキドキをつめこんだ、「シロクマくつや」シリーズの一冊をご紹介します。


「103このうわぐつを 作っていただけないでしょうか」

 シロクマ一家は、靴屋さん。お父さんとおばあちゃんが靴職人で、お母さんと3びの兄弟が、お店に出て、お客さんにぴったりの靴をおすすめします。
 
 そんな一家にある日、手紙が一通とどきました。ずいぶん小さなその手紙は、「くすくすもり」に新しくできる、リスの幼稚園の園長さんからでした。
 
「こりすが 103にん にゅうえんするのですが、そのこたちの うわぐつを つくっていただけないでしょうか。」
 
 シロクマよりもうんと小さい、リスの子どもたちのうわぐつを、103人分も作るというのです! お父さんとおばあちゃんは、虫めがねを使って、なんとか103個のうわぐつを作り上げました。

幼稚園へ、靴をお届け! 園長先生の悩みとは?

 できあがったうわぐつ103足は、3兄弟が「くすくすもり」へお届けです。

 シロクマ一家の住む「おおゆきむら」を抜けて、畑と並木道をゆき……。ともだちの巨人のぼうやにも助けてもらい、ようやく高い木の上にある「くすくすようちえん」に着きました!
 
 おそろいのうわぐつを見た園長先生は、よろこんでくれましたが、実はまだ悩みがあるよう。新しい幼稚園なので、遊具が足りないのだといいます。
 話を聞いた3兄弟と巨人のぼうやは、いいことを思いつきました! さて、どんな工夫をこらすのでしょう?
 
 新しい生活が始まった今の季節にぴったりのお話。細部まで描き込まれた、おおでゆかこさんの絵も大きな魅力です。同じシリーズの、『シロクマくつや』、『シロクマくつや すてきななつやすみ』も、合わせて楽しんでみてくださいね。

この記事に出てきた本

関連記事

バックナンバー

今日の1さつ

子ども達へおはなしや絵本の読み聞かせをする活動をしています。「ピーターとオオカミ」は以前影絵劇として制作・公演したことがあります。降矢さんの絵は絵本のもつ特徴を生かした動きのある素晴らしい絵で画面からオーケストラの音が流れてくるようです。(70歳)

pickup

new!新しい記事を読む