icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_hatena_01 icon_line_01 icon_pocket_01 icon_arrow_01_r

今週のおすすめ

読み継がれるのには訳がある!『大きい1年生と小さな2年生』

作家・古田足日さん(1927〜2014)の代表作のひとつ、『大きい1年生と小さな2年生』(中山正美 絵/1970年刊)。小学生の心の成長をていねいに描いたこの作品は、毎年たくさんの子どもたちに読み継がれています。2020年で、なんと刊行50周年! なぜ、こんなに長く愛されているのでしょうか。その魅力をご紹介します。


主人公、まさやとあきよ

 まさやは、この4月に小学1年生になりました。とても背が高く、大人っぽいと思われがちですが、実は弱虫。通学路の林の道に泣きだしてしまうほどの、こわがりです。
 
 あきよは、まさやと同じ小学校に通う2年生の女の子です。まさやと反対に、あきよはとても小柄。学年でも一番小さく、利発で強気な性格から、男の子たちから「チビのくせに!」なんて言葉を投げかけられることもありますが、それをものともしない強さをもっています。
 
 そんなふたりは、帰り道が同じ。まさやは、しっかり者のあきよに手をつないでもらって、毎日林の道を帰っています。まさやはあきよに憧れ、あきよは弱虫のまさやを気にかけています。


あきよに憧れ、一歩を踏み出すまさや

 原っぱで花を摘んだり、はじめての道を通って神社へ行ってみたり。まさやとあきよ、あきよの同級生・まり子は、あちこちで小さな冒険を繰りひろげます。小学生である3人の行動範囲は、それほど広くはありませんが、日々たくさんの発見をし、新しい感情が生まれます。
 
 ひとりではこわくて行けなかった場所も、あきよとまり子が一緒なら、楽しい気持ちがまさって行動できるまさや。少しずつ、行ける場所、できることが増えてきたある時、3人で力を合わせてとったホタルブクロの花を、3年生の男の子たちに、めちゃめちゃにされてしまいます。
 それまで涙などみせたことがなかったのに、つぶれてしまった花を前に涙をこぼしたあきよに、まさやは一歩踏み出すことを決意します。ホタルブクロの花を、両手いっぱいにとって、あきよにあげることにしたのです。
 
 知らないことやはじめてのことは、できるだけ避けてきたまさやが、たったひとりで遠くの林を目指す……。さて、どうなるのでしょう?


ていねいに描かれる心の動きは、時代を問わず子どもたちに届く

 この作品の大きな魅力は、子どもたちの心のていねいな描写です。こわがってしまったり、つい強がってしまったり、ちょっとしたことにドキドキしたり、ささやかな言葉に強く影響を受けたり。どの子をみても、誰しもに当てはまるような、子どもらしい面が満ちていて、大人が読んでも、「わかるわかる!」「こんな子、いたいた!」と共感できます。まさに同じ小学生時代を過ごす子どもたちには、その描写が、よりいっそう鮮やかに届くはずです。
 
 『大きい1年生と小さな2年生』は海外でも、タイ、台湾、中国、韓国の4か国で出版されています。(2020年4月現在)特に中国では、なんと累計250万部突破と、大人気! 世界の子どもたちの背中を、まさやとあきよは長年押しつづけているのです。
 この春、新しい気持ちで、2人と一緒に踏み出してみませんか?

 

この記事に出てきた本

バックナンバー

今日の1さつ

布川愛子さんの美しく繊細な絵が印象的でした。我が家の娘の名前が花なので花よめさんの絵本は、幼き子供の興味をくすぐらせるかな?と思い、親の好みで決めました。(5歳・お母さま)

pickup

new!新しい記事を読む