icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_hatena_01 icon_line_01 icon_pocket_01 icon_arrow_01_r

今週のおすすめ

もうすぐバレンタイン! チョコと一緒に大切な人にプレゼントしたい絵本4冊

2月になり、バレンタインデーが近づいてきました。自分へのごほうびや大切な人へのプレゼントとして、チョコレートを買ったり作ったりする方も多いですね。
そんなバレンタインに、チョコと合わせて絵本を贈るのはいかがでしょうか? きょうはプレゼントにぴったりの4冊の絵本をご紹介します。


1 『はらぺこあおむし』の
作者エリック・カールが描く、大好きなあの子に会いにいく物語『いちばんのなかよしさん』

エリック・カール 作/アーサー・ビナード 訳

「いち いち いちばん」のなかよしさんが遠くへ行ってしまい、ひとりぼっちになってしまったぼく。なかよしさんとの再会をめざし、冒険に出ます
 川を泳いで渡り、星空の下で眠り、山や草原をこえて、森をとおりぬけ……やっと会えたふたり。一緒にあそんで、おどって、おしゃべりをして楽しみます。最後には、すてきな結末が待っています
 どのページも色あざやかで、めくるたびに大切な人に会いにいくワクワクが高まってい、幸せな気持ちになる一冊です。

2 「あのこが すき だって だって、そうなんだもん!」子どもたちの「愛」と「友情」についての言葉をまとめた詩の絵本。『ぼくはきみで きみはぼく』

ルース・クラウス 文/モーリス・センダック 絵/江國香織 訳

 大好きな友だち、いとしいぬいぐるみなど、大切なものについての子どもたちの言葉をまとめた、アメリカのロングセラー絵本。ページじゅうにさまざまな言葉が散りばめられ、ぺちゃくちゃと子どもたちのおしゃべりが聞こえてきそうです。

 センダックの細かくてかわいらしい絵は必見! 江國香織さんの軽やかな訳とぴったり調和し、何度も開きたくなります。

3 毎日の感謝の気持ちを、絵本にのせて。『ありがとうのえほん』

フランソワーズ 作/なかがわちひろ 訳

 「にこにこ おひさま ありがとう」「ありがとう きれいな おはな」「そばに いてくれる ねこ ありがとう」……生活にとけこむさまざまなものに「ありがとう」を伝えます。フランソワーズのあたたかな絵に、心がぽかぽか。相手への「ありがとう」も込めて贈りたい一冊です。

4 ひとりでも楽しいことはたくさんある。でも、だれかと一緒ならもっと……『いっしょなら もっといい』

ルイス・スロボドキン 作/木坂 涼 訳

 ひとりでも遊ぶのは楽しいけれど、ふたりならもっといい! 手紙のやりとりができるし、でこぼこみちでも荷物を運べるし、ボートはうんと遠くまでこげるよ。3人、4人、もっと増えれば、手と手をとってもっと楽しくなる!
 だれかと一緒に過ごすことの楽しさを伝える絵本です。スロボドキンが描く淡い色合いの絵が心をあたためてくれます。
 
 
いかがでしょうか? どれも、まわりの人への愛情が描かれたやさしい絵本です。ぜひ、チョコレートと合わせて大切な人に贈ってみてくださいね。

 

バックナンバー

今日の1さつ

何の脚色(フィクション)もない、虫の一生をえがく中に、まわりの様々な生態系がちりばめられており、子供たちも見飽きることなく楽しんでいました。(6歳、8歳・お母さまより)

pickup

new!新しい記事を読む